【ICO】LODE(ロード)の評価・購入方法まで徹底解説!【未上場仮想通貨】

【ICO】LODE(ロード)の評価・購入方法まで徹底解説!【未上場仮想通貨】

金取引をスマート化させるプロジェクトLODE(ロード)

複雑化された金現物取引の悩みを明確化し改善することを目的としています。投資経験がある方にとっては魅力的なプロジェクトといえるでしょう。

そのようなLODE(ロード)がICOを開始しています。仮想通貨を用いた資金調達です。

ですが、LODE(ロード)のICOについて具体的に知らない人も多いですよね。そこで今回はLODE(ロード)仮想通貨ICOの概要と登録・購入方法をご説明します。

LODE(ロード)の公式サイト

LODE(ロード)のICOの登録・購入方法はこちら

LODE(ロード)のICOの特徴

LODE(ロード)の公式サイト

LODE(ロード)金の現物取引をスマート化させるプロジェクト。金の現物取引とは金を買って保有し続ける取引のことを言います。

 

金は昔からずっと価値を持ち続けてきた財産です。希少性も高く技術の発展した現代においても取引は絶えることなく行われています。

 

取引ではさまざまな形でコストが計上された仕組みを構築されてきました。コストを補う意味もふくめ、手数料や価格差が設定されてしまったのです。

 

結果的に金の現物取引は誰しもが気軽に行えるものになったことは言うまでもありません。このような取引が複雑化してしまったことによる悩みを改善するのがLODE(ロード)です。

 

ただし、注意しなければならないのは金が発掘されると配当が支払われる金投資とは全くタイプが異なること。採掘された鉱山や、精製場所、保管状況などたくさんの情報をまとめて記録します。

 

ブロックチェーン技術を活用することによって、金の現物取引をお互いに監視できる環境をつくるのです。結果的に今までに比べ不正が行われるリスクは減り、取引における無駄はなくなります。

 

消費者にとっても販売業者にとってもメリットの多いプロジェクト。取引をより簡単なものとし、安心安全に取引が行える環境を構築します。

 

金の現物取引についてよく知らなかった人にとっても、より身近な存在になること間違いないでしょう。

 

なかには「なぜ現代において金取引なのか?」と疑問に思う人もいるでしょう。しかし、金自体の価値は決してなくなることはありません。

 

人類と金の歴史は約8000年前からだと言われています。現代にいたるまで、しの価値は一度も失われませんでした。

 

希少性と有用性に優れた金は今後も所有価値が高まることが期待できるのです。そのための取引をLODE(ロード)によって最適化します。

 

これだけ魅力的な内容のプロジェクトであることもあり、さまざまな機関から評価されています。

 

具体的には金鉱山会社が運営する非営利団体WGC、中東のリサイクル産業団体BMR、ドバイの投資開発事業団DIDAなどが挙げられます。

 

さまざまな国や企業と連携しプロジェクトをすすめており、非常に勢いがあるICOです。今までの金現物取引の常識を変えてしまう一大プロジェクトといえるでしょう。

 

詳細を知りたい方はまず公式サイトをチェックしてみてください。

金現物取引の問題点

LODE(ロード)の公式サイト

LODE(ロード)は金の現物取引における悩みを改善するもの。では、具体的にどのような問題点が生じているのでしょうか?

 

金現物取引を行う「消費者サイド」と販売する「業者サイド」にわけて考えてみましょう。

 

LODE(ロード)の魅力を知るためには、現在の金現物取引に無駄が多いことを把握することが大切です。

消費者サイドの問題点

最大の問題は「手数料が高い」ことです。金の売り買い、保有するだけでも多額の手数料を払わなければなりません。

 

消費者が金を持つ理由は株やFXのようにトレードを繰り返し、利益を得ることはもちろん。

 

安全資産の1つとして長期保有を目的に購入している人もたくさんいます。それに対し、現金から金現物に変えるだけで高額のお金がかかり、資産が減ってしまうのはもったいないですよね。

 

購入手数料の平均は約2.5%です。金価格に加算されます。この金価格もスプレッドと言われる販売会社が得るための価格差も乗せられているのです。

 

そのため、最終的な金の購入金額は市場価格より約4.5%高く買わされることも少なくありません。

 

「金現物の方が安心だから」と思い、銀行預金を「金」に変える人もたくさんいるでしょう。換金にかかる手数料は14%。決して少ない金額ではないですよね。

 

金の売却時に損をしてしまう可能性があるのも問題点です。金を売る場合、買取店を利用する人も少なくありません。

 

ですが、買取店のほとんどは市場価格よりかなり低価格で買い取りされてしまいます。純度や重量が明記されていないケースも多いため、買取価格は期待できません。

 

取引、保有するだけでも、かなりのお金を損してしまっていることを把握しておきましょう。

業者サイドの問題点

業者サイドが抱える問題点も少なくありません。まず「輸送コストが高いこと」です。金が作られるまでの流れは以下のとおりです。

左から採掘場→製錬所→販売店→消費者→保管庫という流れで金は運ばれていきます。取引されるだけでも、これだけの輸送が必要になるのです。

 

運ぶ際には事故・盗難・強盗などのリスクも高いため、当然コストもかかります。

 

「不正による信頼性の低下」も業者サイドも問題点の1つ。金は価値を証明するために、認定機関が各地に存在します。

 

ただし、認定された証である刻印を偽装して不正が行われることも少なくありません。偽物が流通することによって、認定機関をはじめとする業界の信頼性が損なわれてしまうのです。

 

認定機関や協会などは業界において多くの役割を担い続けてきた存在であることは間違いありません。ただし、近年の不正や不祥事により、そもそもの認定機関への信頼が危ぶまれているのが現状です。

 

結果的に金の取引自体の信用が落ちてしまえば、安心して取引を行うことできなくなります。

LODE(ロード)が提案する解決策

LODE(ロード)の公式サイト

これまで紹介した金現物取引には問題点が4つありました。

 

消費者サイドでは「手数料が高いこと」「売却時にも損をしてしまう可能性があること」

業者サイドでは「輸送コストが高いこと」「不正による信頼性の低下」です。これらの悩みを解決するのがLODE(ロード)というプロジェクト。

 

具体的な方法は「ブロックチェーン技術を活用した金の現物取引」です。今までは消費者と業者間の取引においてたくさんの無駄がありました。

 

高額の手数料、莫大な輸送コストなど、問題点は計り知れません。ですが、LODE(ロード)は金の製錬所(保管庫)、販売所、ユーザーを直接結び付けるのです。

 

そのためのネットワークが「LODE NETWORK」

 

それぞれの特性に合わせたブロックチェーン技術をもとに構築されます。ブロックチェーンとはフィンテックの中核技術の1つ。

 

既存の技術を組み合わせることで「高い堅牢性」と「高い透明性」を持ったシステムを構築できるのが強みです。

 

なかでもブロックチェーンの特徴の1つである「P2Pネットワーク」がポイント。データの記録や管理をネットワーク参加者全員で共有するため、システムがダウンすることはありません。

 

中央集権型とちがって、1つの機関のみで管理するわけではないため、効率的に管理することも可能です。

 

このような分散型のブロックチェーンを金現物取引に応用したのがLODE(ロード)。金現物取引に関わる期間の中心にLODE COREが存在し、ブロックチェーンと外部のデータベースも相互連携させます。

 

その結果、取引手数料と輸送コストをカットすることが可能になるのです。以下がイメージ画像になります。

またP2Pネットワークで説明したとおり、すべての機関がお互いに監査をし合える仕組みになっています。不正が起こる可能性は極めて低くなるといえるでしょう。

 

さらに、取引の手間も省けます。金の現物取引を行う際、その都度「証明書」を発行していました。しかし、LODE(ロード)であればその心配はいりません。

 

LODE(ロード)で発行されるLDGトークンが現物の金の代わりになるのです。これこそがLODE(ロード)の目指す「スマートで安心かつ安全な取引」といえるでしょう。

 

以上の点をふまえ、LODE(ロード)が実現することによって得られる恩恵は3つ。

 

1つは「輸送コストの大幅削減」。全員で金の現物取引を行い情報を共有するため、流通経路が省略可され、輸送にかかるコストは最低限です。

 

2つ目は「取引手数料の大幅削減」。製錬所などのとの直接取引により、手取引手数料は大幅にカットされます。いらなくなった宝飾品や貴金属も簡単に売ることが可能です。

 

最後は「信頼できる分散アプリケーション」。ブロックチェーンを駆使し、分散型にすることで全員で管理することが可能です。

 

保管庫の保有状況も明確化され、監査機能も備わり不正を許さない設計になっています。

 

このようにLODE(ロード)は今までの金現物取引の根本を変えてしまう可能性を秘めています。最も期待されているICOの1つといっても過言ではありません。

 

LODE(ロード)のプロジェクトを支援したいという方は、公式サイトから参加しましょう。

LODE(ロード)のICOのホワイトペーパー

LODE(ロード)の公式サイト

LODE(ロード)がいままでの金現物取引を覆す、画期的なプロジェクトであることもお分かりいただけたでしょう。

 

現在、さまざまなプロジェクトで資金調達が行われていますよね。LODE(ロード)はそのなかで非常に多くの注目を集めています。

 

もしLODE(ロード)の目指す次世代の金現物取引について、少しでも気になったら「ホワイトペーパー」を見てみてください。

 

スマートで安心安全な金現物取引を実現しようとする彼らの強い想いが伝わってきます。大まかな流れだけ知りたい方は、こちらの動画もおすすめです。

 

金現物取引の現状とLODE(ロード)の目指す新しい世界を知ることができますよ。

 

また、LODE(ロード)のプロジェクトを中心にすすめる人物が気になる方はこちらをご覧ください。代表であるモハメッド・アル・ジブリールのインタビューを読むことができます。

 

LODE(ロード)をつくることになった背景や、プロジェクトに対する熱い想いが語られています。ぜひ参考にしてみてください。

 

ICOに参加登録しようか迷っているなら、まずはプロジェクトの概要をしっかりと把握することが大切。最も詳しく書かれているのはホワイトペーパーです。一度チェックしてみるといいでしょう。

LODE(ロード)のホワイトペーパー

LODE(ロード)のICOの配当と仕組み

LODE(ロード)の公式サイト

LODE(ロード)プロジェクトを実現するためには、お金が必要です。そこで、仮想通貨をつかった資金調達であるICOを行っています。

 

集められたお金は具体的に何に使われるのでしょうか?その内訳は以下のとおり。

使い道にの内訳は広告宣伝費10%、営業経費20%、管理費20%、システムや査定機の開発40%、企業コンプライアンス・法務費などに10%です。

 

資金調達のために発行するトークンは「LDG」発行総数は100,000,000LDGです。トークンセールは発行総数の88%であり、残りの12%はプロジェクトチームへの付与やリザーブトークン(不測の事態に備えるためのトークン)に充てられます。

 

トークンセールは全部で3段階にわかれていますが、各フェーズに設定された販売上限に満たないと、発生する余りのトークンは全てバーンします。

 

ICOに参加する場合は、現在どれだけの販売金額に到達しているかチェックしておくといいでしょう。

 

またLODE(ロード)のICOのポイントは「ICOボーナスの配当が大きいこと」。仮想通貨ICOに登録する場合、少しでもお得に参加したいですよね。

 

LODE(ロード)は参加者へのメリットも大きいため、ねらい目のICOといえるでしょう。

 

ICOのボーナスの割合は次のグラフを見れば一目瞭然です。全体の3割近くがボーナスに充てられています。

 

またLODE(ロード)のICOは他とちがい、参加者に寄り添ったICOといえます。それは、3段階に分割することで、大口の購入者ばかりになることを避けているからです。

 

少数の人にまとめて買われてしまうと、少額でも力になりたい人が買えなくなってしまいますからね。ほんの少しでも応援したいと思ってくれた人にも、ICOに参加して購入してほしいという気持ちの表れです。

 

ICO期間を分散させれば、アクセスが集中して購入者が困ることもなくなります。はじめてICOに参加する人、少額の購入から挑戦したい人にはぴったりなICOと言えるでしょう。

LODE(ロード)のICOスケジュールとボーナス

LODE(ロード)の公式サイト

LODE(ロード)のICOは複数のフェーズに分かれています。「プロテクションセール」「パブリックセールステージ1」「パブリックセールステージ2」の3つです。

 

後半にすすむにつれて、ボーナスは減っていきます。最低購入価格も同様です。フェーズが進むにつれて金額が下がってくるため、誰でも簡単に参加できるようになってきます。

 

できるだけ早い段階で参加登録をして購入してしまった方がお得です。もしLODE(ロード)のICOで高いボーナス金額をもらい、高い利益を得たい人はなるべく急いだほうがいいでしょう。

 

LODE(ロード)は1人あたりの購入制限もないため、自分が好きなだけトークンを購入することができますよ。

 

それでは、具体的な各フェーズの詳細についてご説明しましょう。

LODE(ロード)ICOプロテクションセール

まずはLODE(ロード)ICOのプロテクションセールについてご紹介します。このフェーズはプレセールの段階です。

 

ICO期間は2018年2月15日から2月28日23時59分まで。販売数は20,000,000LDGです。購入価格は1LDGあたり1ドルで最低購入価格は50,000LDGとなります。

 

50,000LDGは1ドル110円で計算すると、約550万円。かなり高めに設定されています。ICOの参加経験がある方、多額の支援を行いたい人向けということでしょう。

 

ただしそれだけボーナスも高いです。プロテクションICO期間中は80%のボーナスがつきます。購入価格の2倍近くもらえる計算ですね。

 

仮に1000万円分のLDGを買うことを想像してみてください。LODE(ロード)が仮想通貨取引所に上場するとどうなるでしょう。

 

1LDG=1ドルで取引されても800万円の利益がでます。もしICOが価格割れしてしまっても、80%のボーナス分は余裕がありますからね。

 

トークンの価値が上がれば上がるほど、得られる報酬も跳ね上がります。大きな金額を得たい方は、プロテクションセールに挑戦してみるのも1つの手ですよ。

 

このタイミングを逃したらボーナスの割合も下がってしまう一方ですからね。最低購入金額はかなり高いですが、試してみる価値は十分にあります。

 

ただし、LODE(ロード)のプロテクションセールには10,000,000LDGのソフトキャップもあるため注意が必要です。ソフトキャップとは資金調達の最低ライン。

 

もし期間中にこの販売金額に満たなかった場合、LODE(ロード)のプロジェクトは中止されます。

 

ICOで集めた資金はもちろん投資者に返金されますが、支援して大きな報酬を得ることはできません。

 

反対に、ハードキャップも60,000,000LDGに設定されています。資金調達の上限金額です。

 

期間中に販売金額が60,000,000LDGを越えた時点でプロテクションICOは終了となりますので気を付けてください。

LODE(ロード)ICOパブリックセールステージ1

プロテクションセールが終了するとパブリックセールICOステージ1に移行します。

 

ICO期間は2018年3月15日から3月28日23時59分までの約2週間です。販売数は20,000,000LDG。購入価格は1LDGあたり1ドルになります。

 

パブリックセールとの最大の違いは「最低購入価格」です。1,000LDGから参加することができます。少ない金額でも支援したい、ICOに参加してみたい方にとってはベストなタイミングといえます。

 

ボーナスも40%つくため、決して少なくありません。半分弱もらえると考えれば、かなりお得ですよね。パブリックセールステージ2に移行してしまうと、ボーナス額も大幅に下がってしまいます。

 

もしお得にICOに参加したいなら、パブリックセールステージ1の間に登録し購入してしまった方がいいでしょう。

 

あとから同じ金額を購入しても、損してしまう可能性がありますからね。少しでも気になっていたら、資金の調達状況を随時チェックすることをオススメします。

 

販売数に達しても場ブリックセールステージ1は終了してしまいます。報酬額を多く受け取るためにも、公式サイトを確認しておくといいでしょう。

LODE(ロード)ICOパブリックセールステージ2

LODE(ロード)のパブリックセールICOステージ1が終了するとパブリックセールステージ2に移行します。販売期間は2018年5月15日10時から6月14日23時59分まで。販売数は20,000,000LDGです。

 

パブリックセールステージ2になると最低購入額はさらに低くなります。10LDGからです。1000円ほどの値段で参加することができるため、ハードルはかなり低いといえます。

 

お試し気分でICOに参加してみたい人や、少額での支援しかできない人にはぴったりな時期と言えるでしょう。

 

ただし、誰でも参加しやすくなったかわりにボーナスも少なくなってしまいます。ボーナスの割合は20%です。

 

パブリックセールステージ1では40%なので、ちょうど半分になってしまいます。同じ金額を買ってももらえるボーナスは全く違うのです。

 

そのため、もしお得にICOに参加したい、大きな報酬額を手に入れたいと考えるならばパブリックセールステージ1の方がおすすめ。

 

最低購入額はステージ2に比べると高いかもしれません。しかし、その分得られるリターンも大きいです。もし間に合うのであれば、ステージ2の段階でまとめて購入してしまうと安心ですよ。

 

仮に現在パブリックセールステージ2に移行してしまっている場合も心配することはありません。ステージ1に比べればボーナス額は減りますが、買えば得する可能性は十分あります。

 

自分が買えるタイミングでICOに参加しましょう。

LODE(ロード)のICOスケジュールとボーナスについてまとめ

LODE(ロード)の公式サイト

LODE(ロード)のICOスケジュールとボーナスについて、もう一度まとめてみました。

LODE(ロード)のICOのフェーズはプロテクションセール、パブリックセールステージ1、パブリックセールステージ2の3段階です。

 

ボーナス額は80%、40%、20%と徐々に落ちてしまいます。それにともない、最低購入金額も下がります。

 

誰でも参加がしやすくなるぶん、お得に購入することが難しくなるのです。ですので、少しでも多くのボーナスを得たい、成功したときに大きな利益が欲しいという人はプロテクショントークンセールをおすすめします。

 

例えICOが価格割れしてしまっても、ボーナスが大きいぶん余裕がありますからね。少しでも気になるならば、早めの買ってしまうのも1つの手ですよ。

 

後半になればなるほど、同じ金額を買ってもボーナス額で損してしまいますからね。

 

LODE(ロード)は金現物取引の常識をかえる画期的なプロジェクト。魅力的であるがゆえに、ICOにも絶大な人気が集まることも考えられます。

 

いつ販売数に達してICOが終了してしまうか分かりません。販売数が残っているうちにICOへ参加も検討してみましょう。

LODE(ロード)仮想通貨ICOトークンの受取はいつ?

LODE(ロード)の公式サイト

LODE(ロード)がICOに参加したら、購入したトークンを受け取る必要があります。では、具体的にどのようなタイミングでもらえるのでしょうか?

 

基本的に全ICOの終了後、上場する仮想通貨取引所が公開されてからになります。ICOの最終フェーズであるパブリックセールステージ2の終了時期は2018年6月14日。

 

それまでトークンを受け取ることは難しいため、長い目を見て待ちましょう。

LODE(ロード)仮想通貨の上場時期は?

LODE(ロード)の公式サイト

LODE(ロード)のトークン受け取りは上場して仮想取引所が公開されてからの可能性が高いです。しかし、どこの取引所に上場するかは記載されていません。ただし上場のタイミングは発表されています。

 

順調にプロジェクトが進めば2018年10月には上場する予定です。ホワイトペーパーには「2018年10月に仮想通貨取引所での取引をスタートする」と記載されています。

 

具体的な上場先の取引所は発表されていませんが、自社で開発中の取引所に上場する可能性もゼロではありません。

 

LODE(ロード)ICOを紹介しているCrypto Clickが開設をすすめているCrypto Click Marketという取引所という説が濃厚です。

 

ICOがスムーズに行われ、実現するのを待ちましょう。

LODE(ロード)のICOの登録・購入方法

LODE(ロード)の公式サイト

LODE(ロード)のICOには参加登録さえしてしまえば、誰でもトークンを購入して支援することができます。参加方法もとてもシンプル。パソコンやスマートフォンがあれば簡単に登録することが可能です。

 

具体的な参加方法を開設していきましょう。

 

まずはLODE(ロード)の公式サイトにアクセスしてください。すると次のような画面が表示されたと思います。

そこでまずはICOの状況を確認しましょう。下にスクロールするとセールの残り時間が書かれています。

 

2018年2月19日現在はプロテクションセールの最中で終了まで9日21時間39分10秒とタイムリミットが表示されていました。

LDGトークンは9,993,923.77LDG販売済みとなっています。現在のセール状況と残りの販売額を事前にチェックしておきましょう。

 

もらえるボーナス額や最低購入額は異なりますからね。もしセール内容に問題がなかったら、トークンの購入にすすみます。

 

セール状況の下にあるセールへの参加ボタンを押しましょう。2018年2月19日現在はプロテクションセールの最中ですので「Join PROECTION SALE」と表示されています。

ボタンをクリックすると、新規会員登録の画面に移ります。メールアドレスと同意欄にチェックをいれ、送信しましょう。

 

するとこのようなメッセージが登録したアドレスに届くはずです。

メールに記載されているURLをクリックして本登録に進みます。こちらのURLは24時間以内にクリックしないと無効になるため注意しましょう。

 

ページを移るとこちらの画面が表示されます。必要事項を記入してください。

登録ボタンを押せば、本登録は完了です。メイン画面に移ります。

 

 

 

 

 

 

トークンを購入したい場合は左にある「トークン購入」をクリックしてください。するとトークン計算機が表示されます。

 

これは自分が購入する金額とトークンを換算して計算してくれるものです。購入したい金額の単位を「BTC」「LDG」「USD」の3つから選び、買いたい額を記入してみましょう。

 

すると、購入金額がそれぞれの単位に変換されて表示されます。表示された金額に問題がなかったら下の「送金先アドレスを取得する」をクリックしてください。

 

あとは取引所アプリかウォレットアプリで送金先アドレスを入力し送金しれば完了です。

 

このようにLODE(ロード)のICOの登録は決して難しくありません。いままでICOに参加したことのない人でも簡単に支援することができます。

 

ボーナスの割合も高く、ステージによっては少額からも始められるため初心者にもぴったりです。

 

ただし、トークンの購入を考えている場合はなるべく早めに買うことをオススメします。時間が経てば経つほどボーナス金額は下がってしまいますからね。

 

お得にICOに参加するためにも、早めに購入してしまうといいでしょう。

 

今回はLODE(ロード)のICOの概要から購入方法まで説明しました。LODE(ロード)は金の現物取引の常識を覆す画期的なプロジェクトです。

 

誰しもが安心で簡単に、そしてスマートに取引を行うことができます。現在の金現物取引の問題点を解決し、革新的な世の中を実現してくれることでしょう。

 

とても魅力的なプロジェクトであるため、いつ販売額に達してICOが終了してしまうかもわかりません。

 

少しでも気になったら公式サイトをのぞいてみるといいでしょう。きっとLODE(ロード)のICOの可能性に惹きつけられるはずです。

 

気になる方はぜひチェックしてみてください。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

関連する投稿