ビル・ゲイツ氏が考える『デジタル通貨が世界の貧困層に与える可能性」|世界有数の億万長者のビットコインに関する発言まとめ

ビル・ゲイツ氏が考える『デジタル通貨が世界の貧困層に与える可能性」|世界有数の億万長者のビットコインに関する発言まとめ
 

ビル・ゲイツ氏が考える『デジタル通貨が世界の貧困層に与える可能性」|世界有数の億万長者のビットコインに関する発言まとめ

デジタル通貨は世界の貧困層を助ける可能性を持っている
マイクロソフトの創設者であるビル・ゲイツ氏が仮想通貨について再び言及し、世界の貧困層の金融包摂(financial inclusion)向上につながる可能性を秘めていると発言した。世界長者番付で2位に座るゲイツ氏の過去発言もまとめて掲載。

ゲイツ氏は既存の非効率的な「キャッシュ・エコノミー」を懸念視した上で、デジタルプラットフォームは様々な取引のコストを最大90%まで削減して金融商品やサービスの世界中のほぼ全ての人にアクセスを提供できる将来につながると言及した。

貧困層の人々は法定通貨などの固形資産を保有していないが、労働能力や専門知識など、違った形で資産は持っており何も持っていない訳ではないと述べた。

またゲイツ氏は、将来的には貧困層の金融包摂を促す規制の変化と実際にそのような人々は経済活動を行ない、恩恵を受けているかを測定するシステムが必要だと語った。

世界長者番付で未だに2位の座を保つゲイツ氏は以前から仮想通貨にコメントしている。

しかし、ゲイツ氏は仮想通貨そのものを問題視している訳ではなく、2014年には

と4年前から技術そのものとそれに伴う可能性については高く評価している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

 

 

関連する投稿