米国の暗号ファンドBitwise(ビットワイズ)が、2つのクリプト専門の投資商品を発売

米国の暗号ファンドBitwise(ビットワイズ)が、2つのクリプト専門の投資商品を発売

米国の暗号ファンドBitwise(ビットワイズ)が、2つのクリプト専門の投資商品を発売

米国のクリプトファンド、ビットワイズ・アセットマネジメント社は、新たに2つの商品「Bitwise Bitcoin Fund」と「Bitwise Ethereum Fund」を発売しました。同社は従来の暗号バスケット「Bitwise 10 Private Index Fund」に加えて3商品を販売していく。

ビットワイズ社は、弱気市場にもかかわらず、顧客は暗号専門の投資商品を求めていると述べています。Bitwise 社CEOのハンター・ホースリー氏は、「今年のビットコイン価格の68%の落ち込みは、多くの投資家が再び見る事は無いと考えていた低価格で、市場に参入できるユニークなチャンスを与えている。」と述べる。

これらの商品は、市場の他の商品よりも流動性を高めることを目指していますが、いわゆる適格投資家にのみ提供されます。ビットワイズは、最も初期の暗号通貨ファンドマネージャーの1つであるグレイスケール(Grayscale)と競合します。グレイスケールは、ビットコインやイーサリアム以外にも複数のアルトコインへのエクスポージャーを提供しています。同社はトータルで15億ドル相当の暗号資産を管理しています。

グレイスケールの商品は、1年間のロックアップ期間を必要とします。一方、ビットワイズの投資家は、週単位でイグジットしたりポジションに入ることができます。ビットワイズの「Bitcoin Investment Trust」の手数料は、小規模の顧客だと2%、次に1.5%、大口顧客に対しては1%に設定されています。

2018年に暗号市場が下落したにもかかわらず、グレイスケールは暗号の所有量を増やしています。同社は2018年第3四半期に8110万ドルの資金調達を行い、年初来の流入額は3億3000万ドルにのぼります。Grayscale社のマネージングディレクター、Michael Sonnenshein氏によると、同社設立以来、2018年に最も多くの機関投資家が暗号投資商品に関心を示したという。

しかし他社は成功していない様です。コインベース(Coinbase)は、必要な顧客を引き付けることができず、インデックスファンドを閉鎖しました。また、2017年に2303%の投資リタ―ンを達成したポリチェーン・キャピタル(Polychain)社は、2018年に多額の損失を計上。顧客資金の投資損失と、初期投資家のイグジットの組み合わせによって、昨年調達した8億ドルのうち約40%の損失を被っています。

ポリチェーンは最近数か月に、10憶ドルを運用したファンドマネージャーRyan Zurrer氏を解雇した事が報じられました。Zurrer氏は今後、ポリチェーンが支援するブロックチェーンプロジェクトPolkadotを含む、企業にアドバイスしていく事となる。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

関連する投稿