ビットコイン(BTC)の下落は続く、今後チャネルラインを割る動きをみせるのか?-1月14日チャート分析

ビットコイン(BTC)の下落は続く、今後チャネルラインを割る動きをみせるのか?-1月14日チャート分析

ビットコイン(BTC)の下落は続く、今後チャネルラインを割る動きをみせるのか?-1月14日チャート分析

1月10日以降、下降する動きが続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は本日1月14日未明には更なる下落を見せました。ビットコインは1月14日の下落にて2018年12月末以降からのチャネルライン際まで下値を落とした形となります。このままチャネルラインを割り、下降チャートを続けることになるのでしょうか?チャートを確認していきます。

BTC/JPYの2時間足チャートをみていきます。1月14日に価格を37万9千円台まで下げたBTCは引き続き2018年12月25日以降のチャネルライン内での値動きとなっています。しかし本日1月14日に下落した価格帯から現在のBTCは2018年12月29日から始まる、もう一つの小さなチャネルラインが意識されることとなりました。更に本日の下値は2018年12月29日以降から形成されるチャネルラインのライン際に位置する形となりました。今後もチャネルラインに合わせた値動きをみせることとなる場合、BTCは一度、比較的大きな上昇をみせる可能性が高まることとなります。

今後チャネルラインに合わせて一度上昇の値動きがみられやすい状況にあるBTCではありますが、本日1月14日に出現した大陰線では、これまでの2019年チャート内の大陽線、大陰線形成時と比較して出来高が小さくなっています。またBTCの注文比率から見た場合も、チャネルライン際に接触したにも関わらず、買い注文の上昇は見られておらず、対して売り注文の増加が認められています。

2018年12月29日以降からなる下降チャネルのライン際に接しているBTCですが、出来高、注文比率から見た場合、今後すぐに大きく上昇する可能性は低く感じます。そのため今後BTCが上昇の動きをみせる場合、一度再びチャネルライン際まで価格を下げる値動きをみせる可能性が高いのではないでしょうか。

また今後再びチャネルライン際に接触した場合に強い反発が見られなかった場合、BTCは下降チャネルのアウトラインをブレイクする可能性が一気に高まります。チャネルラインの下方へのブレイクはBTCを36万円台まで下げる可能性があるため注意しましょう。逆にBTCがチャネルラインにて強い反発を見せた場合は上値が40万円台まで意識されることとなります。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

関連する投稿