仮想通貨ネオ(NEO)チェーン上で「意図しないフォーク」発覚 一時ブロック数に影響も現在は通常通り

仮想通貨ネオ(NEO)チェーン上で「意図しないフォーク」発覚 一時ブロック数に影響も現在は通常通り
 

仮想通貨ネオ(NEO)チェーン上で「意図しないフォーク」発覚 一時ブロック数に影響も現在は通常通り

NEOブロックチェーン数で一時混乱も現在は正常に復帰
仮想通貨ネオ(NEO)のブロック数が一時停止したほか、仮想通貨取引所Switcheoが「意図しないフォーク」が発生したと報じていた。しかし現在は通常通りネオブロックチェーンでブロック生成が行われている。

この発表があった後、ブロックが通常通りに生成されていることが確認された。ネオのブロック数を表示する一部のサイトでは、エラーが続いたもの、これは一つのブロックだけで「部分的なフォーク」が発生したことが理由だと
neonewstodayは報じている。

しかし確かにチェーンは二つになっているが、分岐した時点でもう一方のチェーンではブロックが生成されなくなり、結果的には存続しなくなっているため、これは厳密に言えばフォークではないと指摘されている。

なお、現在ネオのブロックチェーン上では通常通りブロックが生成され、取引が行われている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

 

 

関連する投稿