仮想通貨取引所Cryptopiaで再びハッキング発覚 被害総額は17億円以上に

仮想通貨取引所Cryptopiaで再びハッキング発覚 被害総額は17億円以上に
 

仮想通貨取引所Cryptopiaで再びハッキング発覚 被害総額は17億円以上に

最新情報:Cryptopiaの二次ハッキング
今月15日にハッキング被害が報道されていた仮想通貨取引所Cryptopiaが28日、再びハッキング被害を受けていたことが調査企業Elementusの最新報告により明らかとなった。前回影響されたウォレットから再度1900万円分の1675ETHが盗まれた。

そんな中、elementus社は、つい先週公開した最初のハッキング事件に関するレポートでもCryptopiaにある多くのウォレットは未だ侵入される可能性が高いと指摘していたが、実際二次流出したウォレットの内、elementus社が特定したリスクの高いウォレットは1,948で、しかも今現在もユーザーに利用され続けている格好だとしている。

また、今回被害を受けたとされる5,000のウォレットは前回のハッキングでも被害を受けたウォレットも含まれていると同社に指摘されていた。

最初に、elementus社は、Cryptopia社がニュージーランド時間28日朝より 0x3b46c790ff408e987928169bd1904b6d71c00305 アドレスから資金を移動していた可能があると見ていたが、当日の夜9:50の時点では、全て移された資金が 0xaa923cd02364bb8a4c3d6f894178d2e12231655c アドレスに流されていったことが判明し、elementus社は、このアドレスは前回のハッキングでも利用された同じアドレスだと示している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

 

 

関連する投稿