XRP(リップル)急騰の要因を解説 ビットコインは米テック株の上昇が後押し|仮想通貨朝市況

XRP(リップル)急騰の要因を解説 ビットコインは米テック株の上昇が後押し|仮想通貨朝市況
 

XRP(リップル)急騰の要因を解説 ビットコインは米テック株の上昇が後押し|仮想通貨朝市況

仮想通貨市場

●米連邦公開市場委員会(FOMC)の動向

●ビットコイン、テック株の上昇に相関性高まる

●XRPが急騰、その理由は?

●Kucoinで7通貨が上場廃止へ

米連邦準備理事会(FRB)は30日米連邦公開市場委員会にて、金融政策の現状維持を決め、追加利上げを見送り、世界的な株安の一因になった2019年中の2回の追加利上げを行うシナリオは、米経済見通しを巡る不確実性の高まりを挙げた上で、棚上げすること考えを示した。

金融政策の正常化ペースを緩める姿勢が鮮明になったことで、米テック株も上昇、これまで相関性を示していたビットコイン価格にも影響は波及した形だ。比較チャートでも示すように、BTC価格も上向きに転じている。

また、日本時間30日21時、仮想通貨市場で時価総額が2位に位置するXRP(リップル)が、出来高を伴う急騰を記録、直近5日の下落前水準まで値を戻した。

ビットコインがプラスで推移していることで、アルトコイン全般も前日比プラスで推移しているが、XRP急騰当時の状況を見ると、単独上げの傾向が強いものと思われる。

SWIFTは、11,000を超える金融機関に安全性の高いグローバルな金融メッセージサービスを提供してきたが、金融分野におけるフィンテック化やブロックチェーンの台頭に対抗すべく、ノストロ口座のリアルタイム残高調整や管理など、ブロックチェーン技術を用いるシステムの向上を探索、新たな国際決済サービス開発プロジェクト「SWIFT GPI(Global Payments Innovation)」として、国際決済構造の改革に取り組んで来た。

今回の概念実験は、SWIFTとR3で行われるものであるが、R3の共同創設者は今回のパートナーシップに関する発言の中に、「SWIFTのGPIはCorda Settlerを直接統合し、Corda上での決済のオブリゲーションを成長する膨大なGPIネットワークで決済可能となる」との発言があったことが、XRPの高騰要因になった。

というのも、R3のCorda Settlerには、初の決済手段として使われる仮想通貨XRPが採用されており、間接的に国際的に大きなシェアを持つSWIFTにXRPが選択肢として入ってくるとの期待感が高まった。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

 

 

関連する投稿