米CboeビットコインETF申請を再び提出|専門家が予想するSECの最終判断時期とは

米CboeビットコインETF申請を再び提出|専門家が予想するSECの最終判断時期とは
 

米CboeビットコインETF申請を再び提出|専門家が予想するSECの最終判断時期とは

Cboe、VanEck・SolidXのビットコインETFを再申請
Cboe(シカゴオプション取引所)とVanEck社、SolidX社が1月24日に取り下げされていたビットコインETFに関する申請を再度、米SECに提出したことが判明。早くても、10月上旬までは最終判断は出ないと専門家は述べている。

先週、1月24日にビットコインの申請が取り下げられた際、VanEck社のCEOである Jan Van Eck氏は米政府の「政府閉鎖」(Government Shutdown)を要因として挙げていた。しかし申請が取り下げられた翌日、米トランプ大統領が暫定予算案に署名したことで、3週間の期間、政府閉鎖が解除されることが決定されていた。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

 

 

関連する投稿