『仮想通貨イーサリアム 2.0』の進捗状況を毎週公開へ|最終段階に向けたプロセスをユーザーへ

『仮想通貨イーサリアム 2.0』の進捗状況を毎週公開へ|最終段階に向けたプロセスをユーザーへ
 

『仮想通貨イーサリアム 2.0』の進捗状況を毎週公開へ|最終段階に向けたプロセスをユーザーへ

「イーサリアム 2.0」の進捗状況を公表
1月31日にGitHub上にて、イーサリアム 2.0に向けた開発の進捗状況について公表された。1月から毎週、イーサリアムの四段階アップデート「Senerity」に向かっての最新情報が逐一公開される。

イーサリアムの創設者であるButerin氏は、Casper(PoSとPoWの併用段階)の進捗状況に関して、「基本、Casperの機能の開発は完成だ」と言及した。

イーサリアム2.0へ移行するための開発段階として、7つのフェーズが挙げられており、以下がその概要となっている。

上述した通り、今回発表された進捗状況では、フェーズ0の部分について語られている。

イーサリアムは四段階のアップデートを前提として開発されており、セレニティ(Senerity)とは、その四段階目にあたる。そのアップグレードが行われると、どのようなことが期待されるのだろうか。

イーサリアム、ビットコインなどの仮想通貨は、ブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳にトランザクション(取引記録)が書き込まれることによって機能しているが、スケーラビリティ問題とは、そのトランザクションが混雑することで詰まりを引き起こし、送金の遅延や取引手数料の高騰が発生する問題のことを指している。

そのスケーラビリティ問題の解決策として、「オフチェーンによる処理」と「オンチェーンによる処理」などが提案されている。

オフチェーンでの処理とは、ブロックチェーン上で行われるトランザクション処理をブロックチェーン外で行うことをいう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

 

 

関連する投稿