ビットコイン(BTC)は揉み合い相場の中レジスタンスラインを突破する動きがみられる、今後の価格はどうなる?-2月3日チャート分析

ビットコイン(BTC)は揉み合い相場の中レジスタンスラインを突破する動きがみられる、今後の価格はどうなる?-2月3日チャート分析

ビットコイン(BTC)は揉み合い相場の中レジスタンスラインを突破する動きがみられる、今後の価格はどうなる?-2月3日チャート分析

1月28日以降、レンジ相場を継続させてきた仮想通貨ビットコイン(BTC)は本日2月3日に遂にレンジ相場内のレジスタンスラインを一時突破する値動きを見せました。2月に入り上昇チャートを形成を始めているビットコインはこのまま節目である40万円台を突破する値動きをみせるのでしょうか?チャートを確認していきます。

BTC/JPYの2時間足チャートを見ていきます。1月28日以降、37万8千円台をレジスタンスラインとしたレンジ相場を形成してきました。約6日間の間、揉み合い相場を続けてきたBTCでしたが、本日2月3日にはレジスタンスラインである37万8千円台を一時突破し、上値を38万1千円台まで伸ばす動きを見せました。

本日の値動きにて一つのレジスタンスラインを突破したBTCではありますが、上昇した上値はこれまでのレンジ相場内の上昇チャネルラインで上昇を止めた形となり、今後は上昇チャネルの値動きが強く意識されることになりそうです。

また本日の上昇にて一目均衡表の雲を上へ突破する形となりました。一目均衡表の雲抜けという一つのトレンド転換シグナルを発生させたBTCは今後も上昇チャートを形成するのか注目です。

注意点として本日の上昇にて一目均衡表の雲を抜けたBTCではありますが、今後の一目均衡表が下落方向へ狭まる形となり非常に薄い雲となります。そのため今後の値動きの中で一目均衡表雲による下支えは期待できない展開となります。

BTCの注文比率を見た場合、本日2月3日までに1月28日のレンジ相場突入時から上昇していた売り注文量の分をほとんど減少する動きがみられています。2月に入り上昇チャートへ移行した要素として、この売り注文の解消が大きく影響したといえるでしょう。

しかし本日2月3日に上昇分を多く解消したBTCにとって、今後はこれまでの上昇チャートを比較して上昇しにくい状況といえます。現在も上昇を続けている買い注文が今後のBTCチャートを更に上昇に繋げるのか注目しましょう。

BTCが今後突破したい価格帯は上昇チャネルラインです。現在はチャネルラインに接触後、既に反発の動きもみられており、ローソク足には上ヒゲが伴っています。反発の動きが本日突破した37万8千円台までに止まる場合、これまでのレジスタンスラインが今後のサポートラインへロールリバーサルされている可能性が上がり、BTCは更に上昇する可能性が上がることになるでしょう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

関連する投稿