リップルのロング比率が約80%まで復調、ビットコイン価格で注目の2シーズンを昨年チャートから振り返る|仮想通貨市況

リップルのロング比率が約80%まで復調、ビットコイン価格で注目の2シーズンを昨年チャートから振り返る|仮想通貨市況
 

リップルのロング比率が約80%まで復調、ビットコイン価格で注目の2シーズンを昨年チャートから振り返る|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●CoinGeckoの年次レポートに市場の関心

●リップルのロング比率が約80%まで復調

●ビットコイン価格で「注目の2シーズン」を昨年チャートから振り返る

本日の東京株式市場は、米経済統計が市場予想を上回ったことで、景気後退懸念が一定程度解消され、センチメントが改善。日経平均株価は続伸した。

ビットコイン価格は、昨年末の直近高値を起点とした4時間足の「下降チャネル」の下限で何度か反発しているものの、引き続きチャネルのセンターラインに上値を押さえつけられ、上抜けするまでには至っていない。

意識されやすいサポートラインは、fib0.786の「3460ドル(37万円後半〜38万円)」がある。

1時間足で見た場合、上昇チャネルのレンジ内にあると捉えることもできる。他通貨が連動しやすいイーサリアムやリップルの価格推移に注意を払いつつ、レンジ下抜けした場合の値動きには気をつけた方が良いと言えるだろう。

これは他の通貨より上昇目線のポジションが多いことを示しているが、逆にポジションを巻き込んだ急変動に繋がる可能性も考慮すべき状況といえる。

過去のXRPチャートから確認すると、1月10日に急落したタイミングで、ロング比率が急減しており、ロングを巻き込んで下落、その後ジワジワと増加していることが伺える。1月31日に急騰したタイミングでは、急増したショートが解消されている動きが見られているなど、Bitfinexのポジション解消(ロスカット)の動きが、急変動したタイミングで影響していることがわかる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

 

 

関連する投稿