リップル社CTOが1年の成果を語る「なぜ仮想通貨XRPは、ビットコインやイーサリアムよりも優れているのか」

リップル社CTOが1年の成果を語る「なぜ仮想通貨XRPは、ビットコインやイーサリアムよりも優れているのか」
 

リップル社CTOが1年の成果を語る「なぜ仮想通貨XRPは、ビットコインやイーサリアムよりも優れているのか」

リップル社CTO、仮想通貨XRPの優位性を語る
リップル社CTO、David Schwartz氏がビットコインやイーサリアムに対し、仮想通貨XRPが優れている3点を説明した。XRP台帳の分散化や、送金処理時間などについて解説した。

Schwartz氏は、仮想通貨XRPの優位性として、以下の3点を強調した。

下記の図を参照すると、バリデータにおけるリップル社のノード占有率は、1年前の2018年2月時点と比較して73%減少している。

昨年時点と比較すると、承認元のノードという観点から見ると確かに分散化、また非中央集権化は進んでいると言えるだろう。

XRPは現在、リップル社の送金ソリューションxRapidの一部送金に利用されているほか、最近では仮想通貨決済企業のCoinGateが決済手段として同銘柄の追加を発表している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

 

 

関連する投稿