米クラーケン、ビットコインやXRPなど主要5通貨の先物取引を開始|英先物企業買収を約110億円で買収し実現

米クラーケン、ビットコインやXRPなど主要5通貨の先物取引を開始|英先物企業買収を約110億円で買収し実現
 

米クラーケン、ビットコインやXRPなど主要5通貨の先物取引を開始|英先物企業買収を約110億円で買収し実現

仮想通貨取引所クラーケン、現金決済の仮想通貨先物取引を開始
大手仮想通貨取引所クラーケンが仮想通貨先物取引で業界を牽引するCrypto Facilitiesの買収を発表した直後、さっそくビットコインやリップル、イーサリアムを含む主要5銘柄の仮想通貨先物取引を開始する事を発表した。

またクラーケンはこれまでにも、数々の小規模取引所や関連企業を買収してきたが、今回の買収は同社最大規模となり、2019年の仮想通貨業界でも最多額の買収となっている。

今回仮想通貨取引所クラーケンにより買収されたCrypto Facilities社は、2015年にロンドンで設立され、同年ビットコイン先物の取り扱いを開始して以来、順次取り扱い通貨を増やし、現在では24時間、365日体制で、BTC、ETH、 XRP、 LTC、そして BCHの先物取引を提供している。

Crypto Facilities社はイギリスの金融規制当局であるFCA(金融行為規制機構)の認可を受け、個人及び機関向けに事業を展開している。

米国のクラーケンを利用する顧客は先物取引を行うことはできないが、英国の金融当局から認可を受けている仮想通貨企業を買収したことは欧州における仮想通貨取引事業を展開しているクラーケンにとっては良い買収となった。

つまり、異なる形態の仮想通貨取引が一箇所で行える、総合的な仮想通貨取引所として機能することになる。

買収の発表から数時間後、仮想通貨取引所クラーケンは5日、「世界初」となる仮想通貨の先物取引を提供する事を発表した。

今回発表された先物取引により、クラーケンは先物と現物の取引ペアの両方を提供する初の仮想通貨取引所になったと公式ブログで説明している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

 

 

関連する投稿