米Googleが「ブロックチェーン大量採用時代」を見据え独自開発に注力 仮想通貨の応用事例も

米Googleが「ブロックチェーン大量採用時代」を見据え独自開発に注力 仮想通貨の応用事例も
 

米Googleが「ブロックチェーン大量採用時代」を見据え独自開発に注力 仮想通貨の応用事例も

Googleがブロックチェーン大量採用時代を見据え、開発に注力
米グーグルが、ブロックチェーン技術の大量採用時代を見据え、異なる視点から独自の開発を進めている状況が、同社上級開発者のAllen Day氏の発言で明らかになった。ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンデータ解析ツールの応用事例も。

Day氏は、グーグル検索がインターネットの使い勝手を大幅に向上させ、人々の生活を一変させたように、ブロックチェーンへのアクセスを簡略化することこそが、グーグルが次にできる重要な「大仕事」ではないかと考えている。そして、そこから生み出される富は、インターネット同様、巨大なものとなる可能性を秘めているとブロックチェーンが作る未来を見据えているという。

グーグルはブロックチェーンが、誰によって、どのように使われているのかを検索できる方法を作り上げようとしている。 この点において、ブロックチェーン技術を基盤としたアプリ開発を支援することに焦点を当てた、アマゾンやマイクロソフトとは一線を画していると見ているようだ。

昨年、 Day氏と開発者チームは、同社のビッグデータ解析プラットフォーム、BigQueryにビットコインならびにイーサリアムブロックチェーンの総データのフィードを開始した。

BigQueryは、米Googleが2018年8月30日より企業向けに提供を開始したビッグデータ解析クラウドサービスで、数TBあるいはPBに及ぶビッグデータに対して、SQLと似たクエリを実行、数秒あるいは数十秒で結果返答してくれるサービスとなり、ブロックチェーンデータへの応用と開発は既に進んでいる。

すでに開発チームは、ビットコインやイーサリアムに次いで、ライトコイン、Zキャッシュ、ダッシュ、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシック、そしてドージコインのデータをBigQueryに追加している。

開発やアップロード事例も複数の事例が挙げられている。

SelfDestructの検索

ポーランド在住のスマートコントラクト分析サービスを提供するプログラマーは、グーグルのツールの共用を行うことによって、23秒で120万件のスマートコントラクトのコントラクト期間を制限する「SelfDestruct(自己破壊)」と呼ばれる機能の検索が可能になった。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

 

 

関連する投稿