まもなく訪れる「ビットコイン価格」のチャネル下限と重要サポートラインの交差点、2月下旬が目処|仮想通貨市況

まもなく訪れる「ビットコイン価格」のチャネル下限と重要サポートラインの交差点、2月下旬が目処|仮想通貨市況
 

まもなく訪れる「ビットコイン価格」のチャネル下限と重要サポートラインの交差点、2月下旬が目処|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●ソフトバンクの米エヌビディア株売却から考察する、株式市場とBTC価格の相関性

●ビットコイン相場の重しとなっている「米国ファンダ」

●目を見張る、ビットコイン「HODL」コミュニティの回復力:海外レンディングサービス創設者が言及

7日の東京株式市場は、21,000円の心理的節目を超えることができず、海外短期筋の先物売りなどが膨らんだことで、122円の反落。

トレーダーたちが市場に再入場する中、俺はすでに市場にいてポジションを保っている。俺は他のトレーダーには騙されない!

純利益の下方修正を発表したトヨタ自動車(7203)に売りが膨らんだが、新設したビジョンファンド成功を背景にした好決算に加え、過去最大となる6,000億円規模の自社株買いを発表した「ソフトバンクグループ(9984)」が、17.73%のストップ高を記録。10年ぶりの急騰となった。

そりゃあ『売るべきだった』って言うスレッドがあったら否定はできない。

同グループが有する世界最大級の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」は、ビットコインキャッシュのハッシュ戦争を発端とする仮想通貨全体の暴落に伴う保有していた米エヌビディアの株価低迷を受け、今年1月に全株を売却している。

みんなが売るタイミングの少し前で売るべきだし、みんなが買う前に買うべきだ。

プロと初心者の間の普通の人は、ただホールドをするべきなんだ。ビットコインが「ゼロサムゲーム」状態にある今、俺らが売らなければ他のトレーダーはお金を稼げない。

また、先日マザーズ市場ショックを引き起こした「サンバイオ(4592)」は、5連続ストップ安をつけた後、デイトレーダーなど短期筋の資金が一斉に集まったことで急激にリバウンド。本日ストップ高となる17.87%高を付けるなど、2017年のアルトコイン市場のような常識外れのボラティリティを見せている。

ちょっと酔っ払ってるけど、まーいいでしょ。

この値動きに関しては、下落開始地点で米国株式市場が下落しており、米テック株の動きに同調していることが指摘されている。

仮想通貨市場などに関係する「エヌビディア(NVDA.O)」も、第4四半期の売上高見通しを5億ドル下方修正したことを嫌気して13.82%急落して取引を終えており、マイニング関連で厳しい状況にある半導体関連の株式の動きが、仮想通貨にも波及した可能性がある。

エヌビディアは、2018年の第3決算時、画像処理ユニット(GPU)の仮想通貨マイニング目的での需要が大きく減少していることを明かしており、過剰在庫の状況が業績を圧迫、問題視されていた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

 

 

関連する投稿