博報堂、ブロックチェーン技術を活用したデジタルアセットのリアルタイム配布メディアサービスを発表

博報堂、ブロックチェーン技術を活用したデジタルアセットのリアルタイム配布メディアサービスを発表
 

博報堂、ブロックチェーン技術を活用したデジタルアセットのリアルタイム配布メディアサービスを発表

博報堂、ブロックチェーン技術を活用したデジタルアセットのリアルタイム配布メディアサービスを発表
株式会社博報堂が発足した「HAKUHODO Blockchain Initiative(HBI)」が、ブロックチェーン技術を活用したデジタルアセットのリアルタイム配布メディアサービス「TokenCastMedia(トークン・キャスト・メディア)」の発表を行なった。リアルタイムで(テレビ等の)番組を視聴している生活者にデジタルアセットを受け取ることができる仕組みを提供する。

今回発表されたTokenCastMediaは、トークンとして実装されたデジタルアセットの情報を埋め込んだ透かし音を放送、スマートフォンの専用アプリで検出することで、リアルタイムで番組を視聴している生活者だけがデジタルアセットを受け取ることができる、これまでにない生活者参加型の番組制作支援サービスとなる。

フランジアが開発したDappsゲーム「Cipher Cascade(サイファー・カスケード)」にトークンとして実装されたキャラクターやアイテムの情報を、毎日放送のラジオ番組「オレたちやってマンデー(毎週月曜日深夜0時~放送)」内で透かし音として放送。リスナーは、エヴィクサーの音声認識技術が組み込まれた、トークンポケットのDappsブラウザアプリ「tokenPocket(トークンポケット)」を使い、放送中にゲームのキャラクターやアイテムを受け取ることができる。

共同実施企業:

ユーザーが気になるのは、「透かし音」とデジタルアセット受け取りの仕組みだ

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(東京都港区、代表取締役社長:矢嶋弘毅)、株式会社毎日放送(大阪市北区、代表取締役社長:三村景一、以下 毎日放送)、トークンポケット株式会社(東京都世田谷区、代表取締役:林田智樹、以下 トークンポケット)、株式会社フランジア(東京都千代田区、代表取締役社長:小林泰平、以下 フランジア)、エヴィクサー株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:瀧川淳、以下 エヴィクサー)。

仕組みこそ異なる可能性はあるが、「TokenCastMedia」でも、情報を透かし音として送信し、その番組のリスナーのスマートフォンのブラウザアプリが認識、ブロックチェーンに準拠したアイテムが配布される仕組みを取るという。

この仕組みによって、これまで受動的に見ていたテレビ番組に能動性を追加、メディアの視聴を通じて情報を得るだけでなく、デジタルアセットのような価値を受け取ることができるようになる。

ブロックチェーンで生活者が主導する社会の実現を目指す HAKUHODO Blockchain Initiative にかける思い」=公式

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

 

 

関連する投稿