秘密鍵紛失で顧客の仮想通貨が凍結されたQuadrigaCX、3月7日までの債権者保護適用へ

秘密鍵紛失で顧客の仮想通貨が凍結されたQuadrigaCX、3月7日までの債権者保護適用へ
 

秘密鍵紛失で顧客の仮想通貨が凍結されたQuadrigaCX、3月7日までの債権者保護適用へ

加仮想通貨取引所、3月まで債権者保護が適用
160億円相当の顧客資産を保管していたコールドウォレットの秘密鍵を紛失したと主張する仮想通貨取引所は5日、カナダのノヴァスコシア州最高裁判所から債権者保護を認可されたとの発表を行なった。

取引所側が開示した裁判所からの文書によると、ノヴァスコシア州立最高裁判所はQuadrigaCXに対して債権者保護を認可、創設者Gerald Cotton氏が秘密鍵を保有していたとされるコールドウォレットに管理されている仮想通貨を含め2億5000万ドル相当(約270億円)の仮想通貨を探し、顧客に資産返済する期間として30日間の猶予を与えたという。

これにより最近出口詐欺の疑いが強まっていた仮想通貨取引所QuadrigaCXは、債権者保護の下、取引所に資産を預けている顧客などからの訴訟から3月7日まで守られる形がとられる運びとなった。

同事件の発端は、カナダの仮想通貨取引所QuadrigaCXは顧客の入出金を通達無しで停止していたことが問題視されてい田中で、顧客資産の引き出しができなくなったとの公式声明を発表した。

創設者Gerald Cotton氏の夫人であるJeniffer Robertsonの提出した口述書によると、取引所の創業者であるCotton氏は、12月にインドで難病とされるクローン病が原因で亡くなったとされており、これはカナダのハリファックスにある葬儀場からも確認されている。(なお、Robertson氏の弁護士であるRichard Niedermayer氏はこの点についてコメントは控えた。)

3月7日までの期間、仮想通貨取引所QuadrigaCXは債権者保護の下、取引所の顧客などからの訴訟から守られるが、引き続きカナダの仮想通貨取引所におけるこの問題は見守っていく必要がありそうだ。

米国の名門校であるコーネル大学で仮想通貨の調査を務めるEmin Gün Sirer教授は以下の様に疑問を示している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

 

 

関連する投稿