イーサリアム(ETH)は6日に大きく下落を見せるも本日には下落分を全て戻す形に、今後価格は上昇するのか?-2月7日チャート分析

イーサリアム(ETH)は6日に大きく下落を見せるも本日には下落分を全て戻す形に、今後価格は上昇するのか?-2月7日チャート分析

イーサリアム(ETH)は6日に大きく下落を見せるも本日には下落分を全て戻す形に、今後価格は上昇するのか?-2月7日チャート分析

1月28日以降、レンジ相場を形成してきた仮想通貨イーサリアム(ETH)は2月4日まで下値を切り上げる形を見せており、一つのトライアングルパターンを形成していました。トライアングルパターンを形成する中、2月5日にはトライアングルパターンを下に抜けたイーサリアムは2月6日には大きく下落する値動きをみせます。
本日2月7日には下落分を全て戻す値動きへ切り替わっているイーサリアムは今後どのような値動きを見せるのでしょうか?チャートを確認していきます。

ETH/BTCの4時間足チャートを見ていきます。1月28日までに0.0297BTC台まで下落したETHはその後下値を切り上げるレンジ相場を形成してきました。下値を切り上げるチャートを形成したETHは2月4日までに一つのトライアングルパターンを形成した形になります。

しかし2月5日には1月28日以降の上昇トレンドラインを下に抜け、トライアングルパターンを下に割った形となりました。レンジ相場ながらも上昇トレンドラインを下に抜けた形となったETHはそのまま一目均衡表の雲を完全に下に抜ける形になった後、大陰線を形成、下値を0.0298BTC台まで落とす形となり、1月28日以降の最下値付近まで下落した形となりました。

トライアングルパターンと一目均衡表の雲を下に抜けたETHは、注文比率から見ても売り注文量を急増させています。しかし本日2月7日になり、2月6日までに大きく溜めていたETH売り注文量を解消しながらETH/BTCチャートでは上昇チャートを形成します。結果本日2月7日の上昇で2月6日の大陰線を全て戻す形となりました。

ETH/BTCの日足チャートを見ていきます。2月6日に再び1月28日の最下値である0.0297BTC台付近まで下落したETHは、今後0.0297BTC台がレジスタンスラインとして意識される相場へ切り替わることになります。

2月6日に大陰線を形成したETHではありますが、その下落はそれまでのレンジ相場の範囲内であり、本日2月7日にはイッテコイの形にもなっている為、相場はこれまでのボックス相場を継続させることになります。
しかしボックス相場の中、20日移動平均線のベクトルは依然下方向へ向いており、今後ボックス相場を継続する中で移動平均線が強い売り圧力として加わってくるのか注目です。特に移動平均線接触時の値動きと出来高には注意しましょう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

関連する投稿