リップル社のブロックチェーン研究プログラム、新たにジョージタウン大学含む11校が参加

リップル社のブロックチェーン研究プログラム、新たにジョージタウン大学含む11校が参加
 

リップル社のブロックチェーン研究プログラム、新たにジョージタウン大学含む11校が参加

リップル社、米国などの著名大学11校とDLT技術研究の提携へ
米大手仮想通貨決済サービス企業リップル社は8日、独自の「大学ブロックチェーン研究イニシアチブ(UBRI)」に、新たに米国の大学を御許した名門11校とパートナーシップを締結したことを公式で発表。昨年開始したこのプロジェクトは既に28校が加入している。

ブロックチェーン技術のエコシステムの成長を目的としたリップル社のこの企画では、米コーネル大学やシンガポール国立大学、サンパウロ大学など米国のみならずシンガポールやブラジルの名門サンパウロ大学も加入している。

リップル社は、「大学ブロックチェーン研究イニシアチブ」を昨年6月に開始し、5000万ドル(約54億円)の支援金をこれまで全世界で17の著名大学と提携しており、今回の新規加入に加え、計28校となった。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

 

 

関連する投稿