仮想通貨ライトコイン、時価総額4位ランクイン|ライトニングネットワークと新匿名技術の導入に注目

仮想通貨ライトコイン、時価総額4位ランクイン|ライトニングネットワークと新匿名技術の導入に注目
 

仮想通貨ライトコイン、時価総額4位ランクイン|ライトニングネットワークと新匿名技術の導入に注目

ライトコイン、二つの好ファンダ、時価総額4位へ
昨日から高騰を高騰を見せているライトコイン、新たな匿名機能の導入発表に続き、高速決済システムの利用が4000店舗以上に拡大されることも明らかに。
ライトニング・ネットワークとは
日常的な細々とした支払い/決済(マイクロペイメント)を、ビットコイン(ライトコインも可能)を使ってより手軽に行えることを目的とした、ビットコインのセカンドレイヤーで機能するオープンソースプロトコル。2015年に研究者のタデウス・ドライジャ氏とジョセフ・プーン氏が発案し、ホワイトペーパーで公表した。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

ライトコイン財団も、このことについて報告している。

ライトコインは初めて、2017年5月にライトニング・ネットワークの導入により、マイクロペイメントが1秒もかからずに行われたことがあり、昨年の9月、Coingate社は自社の決済プラットフォームを利用する約4,000の事業者に対し、ライトニングネットワークを利用した決済サービスの提供を開始した。

そして7日には、ライトコイン財団は、ライトコインの拡張ブロックを通して、匿名機能のMimbleWimbleを実装するプロセスに厳密な匿名性を持つBEAMの開発側が援助を行うことを公式発表した。

上記二つのポジティブな要素を受け、昨日からLTC価格は高騰し始め、時価総額順位10の中では最も高い上昇率(執筆時28.89%)を見せており、時価総額4位にランクインした。今後ライトコインの動向に注視が必要だろう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

 

 

関連する投稿