ビットコインの強気→弱気サイクルから見る次の上昇トレンド、バイナンスコインが上位通貨で前年比唯一のプラス圏|仮想通貨市況

ビットコインの強気→弱気サイクルから見る次の上昇トレンド、バイナンスコインが上位通貨で前年比唯一のプラス圏|仮想通貨市況
 

ビットコインの強気→弱気サイクルから見る次の上昇トレンド、バイナンスコインが上位通貨で前年比唯一のプラス圏|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●仮想通貨「バイナンスコイン」上位通貨で唯一のプラス圏

●強気→弱気のサイクルから見る次の上昇トレンド

●米政府の再閉鎖発生時の仮想通貨への影響は

3連休明けの東京株式市場は、連休前の大幅安(418円安)の反動もあり、先物主導で買いが入り、531円の大幅高に。

金融市場の不確実性が問題視される中、米国政府機関の再閉鎖回避で基本合意に至ったとの報道が後押しした。両国の隔たりなど問題は山積しているものの、3月1日までに米中が「包括的な貿易協定」を得ることさえできれば、市場に関連する当面のリスクについては、大半が排除できる可能性がある。

仮想通貨関連銘柄も、マネックスグループ(8698)が4.36%高、SBIホールディングス(8473)が3.52%高になるなど、下落基調から反発を見せた。

先週末、Coingateがライトニングネットワーク決済を可能にしたことでライトコインが急騰、連れ高するような形で急騰を見せたBTC価格は、bitFlyerの日足チャートを確認すると、トレンドラインで止まっている。

海外取引所のfinexでも、直近最安値を起点に引いたフィボナッチの「50%ライン」の3800ドルで止まり、その後保ち合いで推移している様子が伺える。

Finex3660ドルは、1月中旬から下旬にかけて意識されていたラインであり、 依然として強い売り圧力に対して、どのような推移を辿るのか注目される。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

 

 

関連する投稿