仮想通貨XRPとxRapid利用の送金企業、マスターカードやリップル社などの著名企業から資金調達成功

仮想通貨XRPとxRapid利用の送金企業、マスターカードやリップル社などの著名企業から資金調達成功
 

仮想通貨XRPとxRapid利用の送金企業、マスターカードやリップル社などの著名企業から資金調達成功

xRapid利用予定の企業が著名企業から資金調達
xRapidの利用を予定するSendFriendは新たに、リップル社、英バークレイズ銀やマスターカード財団から約1億8790万円を調達したことを発表した。

同社のCEOを務めるDavid Lighton氏は、今回の資金調達について、このように言及した。

先月、リップル社は1月の企業広報にて、SendFriendが仮想通貨XRPを利用する国際送金ソリューションxRapidを導入することを確認し、『米ドル→XRP→フィリピンペソ』の送金方式を数秒内で完結させることをSendFriend側も期待している模様だ。

12月に発表された世界銀行の2018報告書によると、フィリピンはアジアにおいて、340億ドル(2018年統計)に及ぶ、最も国内への送金金額の大きい国の一つで、年内サービス開始予定のSendFriendがどのようにxRapidとXRPを利用し、フィリピンへの送金コストの削減や速度の向上に注目したい。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

 

 

関連する投稿