バーゼル銀行監督委員会「仮想通貨は脅威」|金融機関に注意喚起

バーゼル銀行監督委員会「仮想通貨は脅威」|金融機関に注意喚起
 

バーゼル銀行監督委員会「仮想通貨は脅威」|金融機関に注意喚起

バーゼル銀行監督委員会が仮想通貨について注意喚起を実施
スイスのバーゼル銀行監督委員会は仮想通貨の台頭は銀行や国際金融の安定性の脅威となり得るとレポートで言及。仮想通貨関連資産を扱う銀行へのリスク対策も公表した。

バーゼル銀行監督委員会、「仮想通貨は脅威」

バーゼル銀行監督委員会(BCBS)は、ビットコインなど仮想通貨の台頭は銀行や国際金融の安定性の脅威となり得るとして注意喚起を行った。

バーゼル銀行監督委員会とは、1974年にG10諸国の中央銀行総裁らの合意によりスイスのバーゼルで創設された、国際業務を営む銀行を対象とした統一規制ルールを協議する機関。その拠点を、日本を含む60か国・地域の中央銀行が加盟する組織「国際決済銀行(BIS)」のバーゼル本部に設置している。

同機関は、仮想通貨の規模は現在の国際金融システムと比較すれば小規模なものであるとしながらも、それらはマネーの代替とはならないこと、価値の交換や保存において信頼できる媒体ではないことを強調。政府や公的機関によっての価値の担保はなく、”通貨”という表現は適切でないと主張した。

今回、このような形で仮想通貨への注意喚起を行った同機関であるが、同機関を後援するBISは世界各国の中央銀行の70%が独自のデジタル法定通貨(CBDC)の発行を模索していると示すレポートを1月に公表している。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

 

 

関連する投稿