大手仮想通貨取引所ビットメックス、イーサリアムのノード情報サイトを開設|潜在的なバグの可能性も指摘

大手仮想通貨取引所ビットメックス、イーサリアムのノード情報サイトを開設|潜在的なバグの可能性も指摘
 

大手仮想通貨取引所ビットメックス、イーサリアムのノード情報サイトを開設|潜在的なバグの可能性も指摘

ビットメックス調査部門、イーサリアムのノード特化サイト開設
大手仮想通貨取引所ビットメックスの調査部門が、イーサリアム・ノードデータの統計サイトを開設した。レポート内では、パリティフルノードに「潜在的なバグ」が含まれている可能性を指摘している。

ビットメックス調査部門、イーサリアムのノード情報サイト開設

仮想通貨デリバティブ取引所最大手のビットメックス(BitMEX)の調査部門は、新たに五つのイーサリアムノードからの主要データ収集に特化したサイトNodestats.orgをオープンした。

イーサリアムネットワークのデータ分析を行うTokenAnalyst社と共同で立ち上げられたこのサイトでは、5秒毎(1時間に720回)にクエリを実行し、それぞれのノードが必要とする演算リソース関連の指標データを公開している。

Nodestats.orgでは、イーサイアムクライアントの中で最も代表的なGethとParityから提供された、CPU使用率、メモリ(RAM)、帯域幅及びストレージに関するデータを、フルノード、ファーストノード、アーカイブノードのパフォーマンスを比較する形で表示している。

同サイトは、3月1日からデータ収集を開始したばかりで、限られたデータからの分析から確固たる結論を引き出すのは時期尚早だとしながらも、3月12日時点で、パリティフルノードが、依然としてイーサリアムチェーンと完全に同期していないことから、ビットメックスリサーチ側は、パリティフルノードに「潜在的なバグ」が含まれている可能性があることを示唆している。

ビットメックスのレポートによると、クライアントは45万ブロックの後れを取っており、メインチェーンの先端に追いつくのには、2,3日かかるだろうと予測している。

さらに、ビットメックスは、このバグを悪用した攻撃が起こる状況も考えられると予想しているが、同時にそれが成功する可能性は非常に低いとも説明している。

Nodestats.orgのサイトは、現在構築途上にあり、TokenAnalystと連携しながら、ノードが報告するデータへの依存度を低くし、独自の計算方法を開発することによってデータの完全性を向上させると、ビットメックス側は述べている。

また今後数ヶ月〜数年の間に、下記のような機能を追加する予定だとしている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

 

 

関連する投稿