[cryptopack id="115"]

仮想通貨テザー、価値担保の構成を変更 米ドル以外の資産も組み込む【フィスコ・アルトコインニュース】

Liquid

仮想通貨テザー、価値担保の構成を変更 米ドル以外の資産も組み込む【フィスコ・アルトコインニュース】

 

仮想通貨テザー、価値担保の構成を変更 米ドル以外の資産も組み込む【フィスコ・アルトコインニュース】


2019/03/15 14:21

米ドルとの価格ペッグ型の仮想通貨テザー(USDT)が、価値の担保に関する説明文を訂正したことで再度議論を呼んでいる。

テザーは1USDT=1ドルとなるよう価格をペッグさせて、その価値担保としてUSDT発行量と同額の米ドルをテザー社が準備金として保有することでいつでもUSDTとドルを交換できる状態であるとうたう仮想通貨だった。しかし今週、同社のホームページ上でこの価値担保に関する説明が下記のように変更されていることが発見された。

「すべてのテザーは、テザー社が保有する法定通貨および現金同等物とともに、時折テザー社が関連会社を含む第三者への貸付の債権やその他の資産に100%価値を担保される」

これについて、投資家はオンライン上のフォーラムなどでこの変更点を指摘してテザー社からの声明を求めているが、テザー社はツイッター上などで「USDT価格は完全に安定しており、テザー社の保有する準備金は常にUSDT発行数と同数かそれを超える量となっている」と発信しているのみである。

ただし、仮想通貨メディアCCNがテザーとCEOが同じである仮想通貨取引所ビットフィネックスの親会社にあたるアイフィネックス(iFinex)のマーケティング・ディレクターに取材したところ、この変更は数週間前に実施され、担保となる資産の校正が変更されたことを確認したとしている。

また上の取材の中でアイフィネックス社は、前述のツイッター上の発信とも重複するが、「テザー価格は完全に安定しており、テザー社の保有する準備金は常に発行されたUSDT数と同じかそれ以上である。唯一の変更は、その裏付けを提供する資産の構成に現金、現金同等物、そしてその他の資産またはテザー社が発行した貸付からの債権を含むこともあるという点」と説明している。

テザー社は昨年から、仮想通貨の市場操作に悪用されているのではないか、またテザー社がUSDTと同量の米ドルを実際には保有していないのではないかといった疑惑がたびたび取り上げられていた。今回の担保となる資産構成の変更についても、公の情報開示が待たれる。

<SI>


Liquid

ビットコインを買うならLiquid

セキュリティレベルも高く、ビットコインの取引高では国内でダントツで取引手数料は無料!!

口座開設はこちら


bitbank

リップルの取引高世界一のbitbank

リップルの取引先として高い支持を誇り、日本人に人気のモナコインの取引所として個人投資家からの信頼が高い!

口座開設はこちら


GMOコイン

上場企業の運営の取引所GMOコイン

投資初心者でも使いやすい取引アプリを提供。仮想通貨FXでアルトコインのレバレッジ取引も可能!

口座開設はこちら

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/1481

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

関連する投稿

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。