エストニアで合法に節税

エストニアという国をご存知だろうか?
日本では魔女の宅急便の舞台としても有名になったと言われる美しい国である。

こんな美しい国にも関わらず、エストニアは、旧ソ連からの独立後すぐに、小国ながらIT化を国策として進め、非常に効率的な社会・行政の体制を作っています。

IT系のスタートアップも活況で、「ヨーロッパのシリコンバレー」とも呼ばれるほどイノベーションが盛んな国です。

エストニアには「電子政府(eガバナンス)」により全てがITにて管理がなされています。

また仮装住民として我々日本人もイーレジデンシー(e-residency)という制度に参入する事が可能です。

要はエストニアの仮装住民になれますよという仕組みです。

このイーレジデンシー(e-residency)に申し込む事で以下の事が可能になります。

・会社設立
・銀行口座開設

しかもエストニアでは税金が安い!
ということは・・・?後は自分で考えてね。

■エストニアの税制

所得税法第15条(1)の意味において、仮想通貨は財産であるとみなされます。

法人所得税は、交換を含む仮想通貨の移転による利益(所得税法のサブセクション15(1)および37(1))に課されます。

民間人がバーチャル通貨の貿易、購入、売却またはバーチャル通貨の交換から別のバーチャル通貨または従来の通貨との収入を受け取った場合、受取所得は所得税申告の表6.3または8.3に移転益として宣言する必要がありますその他の財産

利益は、売買価格と購入価格の差額、または交換の場合には、受け取った財産価格と仮想通貨の購入価格との差額として取引に基づいて計算されます。

収入を生み出した取引だけを宣言しなければなりません。 不動産の課税では、交換を含む各移転取引は、別々の課税対象とみなされます。

損失の原因となった移転の取引は、所得税法第39条に規定された条件に基づいて有価証券を移転する場合にのみ課税目的で考慮することができます。 バーチャル通貨は証券とみなされず、バーチャル通貨の交換に伴う損失は課税の目的で考慮されません。 したがって、そのようなトランザクションを宣言することはできません。 したがって、仮想通貨の価値の低下の場合の経済的リスクのコストは、関係者が負担する。 金融監督当局は、2014年2月5日に仮想通貨利用者のウェブページVirtuaalraha pakkujad ei kuulujärelevalvealla (「バーチャル通貨プロバイダーは監督を受けていない」)に関する警告を発表した。