「ビットコインはテクニカル的な支えを見失った」先週末から続く下落の重要性|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「ビットコインはテクニカル的な支えを見失った」先週末から続く下落の重要性|仮想通貨市況
 

「ビットコインはテクニカル的な支えを見失った」先週末から続く下落の重要性|仮想通貨市況

仮想通貨市場
ビットコインは5日から急激な下落を記録しているが、その状況はかなり厳しいのであるといえる。アメリカ投資会社Fundstrat Global Advisorsでテクニカルアナリストを務めるRobert Sluymer氏も今回の爪痕は大きく、テクニカル的な指標を見失ってしまったと言及している。

仮想通貨市場

ビットコイン価格は、のちに偽のニュースとされたゴールドマンサックスの仮想通貨取引デスクの一時中止発表のタイミングから12万円、米ドル建で1000ドルを超える大下落を記録し、土日こそ値動きに落ち着きが見られましたが、昨日よりボラティリティの高い、慌ただしい相場が続いています。

時価総額は、5日から435億ドル下落しており、日本円建で4兆8320億円相当となる仮想通貨市場全体の大暴落となりました。

海外ではボラティリティが高い仮想通貨市場の中で時価総額100位に残る仮想通貨に絞ったインデックス指数(ALT100)がより時価総額の推移より重要視されてきている傾向にあり、弱気相場の脱却がビットコインを中心に主要通貨から現れ始める傾向があることからも、今後の一つの指標となるかもしれません。

ここ数週間仮想通貨は下落の一手を辿っている中で、デジタル資産の大規模採用はまだ先の話になりそうだと不安を煽られた状況があります。

仮想通貨取引会社OSL(Octagon Strategy Ltd.)のライヤン・ラバギリア氏も、「今回の一時中止は少々反動を残したが、最終的にはこれも市場が乗り越えねばならないハードルの一つに過ぎない」と言及しました。

サポートラインを見失う状況

アメリカ投資会社Fundstrat Global Advisorsで運営ディレクターおよび、テクニカルアナリストを務め、そのテクニカル分析や市場リサーチ分野において25年以上の経験を持つRobert Sluymer氏(以下、Sluymer氏)が、暴落した9月5日の報告書にて、今後1~2週間でビットコインにとって重要な局面に突入することを示唆しています。

当時、6,600ドル(約73万円)および、6,800ドル(約75万円)に重要なサポートラインがあると言及しており、そのサポートラインを割る場合、8月の最安値6,000ドル(約66万円)レベルまで価格まで落ち込む可能性を主張していました。

年末まで3ヶ月強

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B