「時代に取り残される」リップルCEOなど著名人が米政府の仮想通貨規制に危機感を示す

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「時代に取り残される」リップルCEOなど著名人が米政府の仮想通貨規制に危機感を示す
 

「時代に取り残される」リップルCEOなど著名人が米政府の仮想通貨規制に危機感を示す

曖昧なアメリカの仮想通貨に関する規制
RippleのCEOであるBrad Garlinghouse氏とTechCrunch創設者のMichael Arrington氏がアメリカ政府の規制について懸念を示した。

というのが両者の共通認識でした。

これまでに、暗号交換やマイニングを通じて業界にサービスを提供する企業を除いて、革新的なブロックチェーン企業は存在していませんでした。

現在、大半の技術系企業はブロックチェーンがどのように機能するかを積極的に探っている段階しており、

最近ではゴールドマン・サックスがビットコインに興味を示している姿勢を見せていたものの、仮想通貨の取引デスクを一時的に延期すると発表しています。

また、Arrington氏は自身が2016年に設立した1億ドル(約111億円)相当のArrington XRP Capitalについて以下のように述べました。

と指摘しました。

さらに言えば、アメリカの規制方針の行き詰まりはゴールドマン・サックスや既存の金融界から機関投資家などが仮想通貨へ参入する障壁にもなっていると言えます。

アメリカの証券取引委員会を筆頭とした米国政府は消費者保護と技術の革新、二つの優先事項を奨励する仮想通貨の取り締まり方を追求しています。

参考記事:techcrunch.com

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B