【週刊】仮想通貨ニュースまとめ!10/15~10/21の重要ニュースを一気読み

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

【週刊】仮想通貨ニュースまとめ!10/15~10/21の重要ニュースを一気読み

【週刊】仮想通貨ニュースまとめ!10/15~10/21の重要ニュースを一気読み

10月15日から10月21日までの1週間を振り返りたいと思います。この1週間も多くの仮想通貨ニュースが生まれました。忙しくてなかなか仮想通貨ニュースをチェックできない方も、この記事をご覧頂ければどんな出来事が起こっていたかを把握できるはずです。

過去数ヶ月間、SEC(証券取引委員会)は、特定のICO(イニシャル・コイン・オファリング)に対する取り締まりを強化し、いくつかの暗号通貨スタートアップに事業停止命令を出しました。

テザー(USDT)が売られています。今年2月以来の最低水準に達し、15日午後の時点に0.95ドル(107.27円)の低水準に下がっています。USDTが市場を支配し続けていることから、この低下は重要です。テザーは、すべての価格安定コインの日々の取引量の約98%を占めてきました。ビットコインの日々の取引量の60%を占めてきました。

15日、暗号通貨取引所バイナンスのウガンダでの正式なサービス開始予定が発表されました。ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)は、法定通貨ウガンダシリング(UGX)とのペアが提供されます。10月17日に預金が開始され、順次トレードもオープンする予定です。

月曜日、世界5大金融サービスプロバイダの1つ、Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)は、機関向けの暗号通貨取引所とストレージプラットフォームの設立を発表しました。新会社Fidelity Digital Asset Services, LLC(フィデリティ・デジタル・アセッツ)は設立時にビットコイン、イーサリアムなどの暗号通貨を保有します。

アマゾンウェブサービス(AWS)の中国部門はクオンタム(Qtum)との提携を発表しました。ブロックチェーンベースのクラウドコンピューティングの世界へさらに一歩踏み込む様です。

10月18日、トロン(TRX)は、中国のインターネットサービスプロバイダBaiduのクラウドプロジェクトに参加する事を公表しました。トロン財団は、この協力について以下のように述べています。

アジアを拠点にした決済サービスのOmiseホールディングスが18日、以下三社より資金調達を行ったことを発表しました。調達金額は非公開としています。

・三井不動産株式会社 ベンチャー共創事業部 31VENTURE
・グローバル・ブレイン株式会社
・SMDV(Sinar Mas Digital Ventures)

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、銀行口座を持たない人々(アンバンクド)に支払いサービスを提供する目的で、ブロックチェーンのスタートアップCoilと提携しています。財団は、またインターレジャープロトコル(ILP)の統合を進めるため、CoilとRipple(リップル)社と協力していく事を表明しています。

先月閉鎖していたインド最大の仮想通貨取引所の1つZebpay(ゼブペイ)は、現在は、マルタに拠点を移しています。また、既にシンガポールにも拠点を有しています。これらの情報はZebpayの利用規約から明らかになりました。

10月18日、Michael Novogratz(マイケル・ノボグラッツ)氏とゴールドマンサックスがBitGo(ビットゴー)に投資している事が公表されました。BitGoは、暗号通貨のウォレット・カストディサービス会社で、機関投資家の参入の鍵を握ると期待されています。

Viamericansという金融機関がお金のトランスファーにXRPを使うようになったということが発表されました。この企業は国際間のお金の送金ができるライセンスを持っています。

19日、仮想通貨取引所Huobi(フオビ)は様々な種類の価格安定コイン(ステーブルコイン)をまとめるオールインワンプログラム「HUSD」を発表しました。

中国の大手企業TencentとHuaweiの支援を受けるコンソーシアムは来月、シンガポールのフィンテック・フェスティバルでオープンソースのブロックチェーンエコシステム「FISCO BCOS」をデビューさせる予定です。

イーサリアムの次のハードフォークConstituinople(コンスタンティノープル)は、2019年初頭に延期されるだろうと、開発者は19日の会議で確認し合いました。

国際的なマネーロンダリングの監視団は、来年6月までに、AML / CFT規制に関する国際的な暗号通貨規制のルールを公開すると発表した。19日にロイター通信が報じました。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B