インド政府が独自通貨発行を検討

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

インド政府が独自通貨発行を検討

インド政府が独自通貨発行を検討

インド政府が独自の仮想通貨を発行するか検討しているとQUARTZ INDIA(クォーツ・インディア)が伝えました。
この内容はインド政府の上級議員(匿名)が述べたとしています。

上級議員は「我々は政府支援の仮想通貨を発行することについて、肯定的である。国家独自のブロックチェーン開発についても推奨している」とコメント。
この計画はもともとインド準備銀行(RBI)の提案であったようです。

インド財務省は昨年12月ごろに、新しい規制の提言を行うため、国内外の仮想通貨の現状に対する調査をはじめ、各国の規制や法的枠組みの研究、消費者保護や資金洗浄対策の調査などに取り組む議論を行う委員会を創設。

この委員会では、国家財政と税務を担当する財務省、財務省下で国家予算作成を担当する経済局、中央銀行のRBIならびにインド最大の国有銀行、インドステート銀行の代表が参画しており、2018年末までに報告書を提出する予定です。

当初は今年7月にも報告書が提出される予定でしたが、インド政府支援の仮想通貨に関して否定的な見方をする議員も存在し、「仮想通貨が政府によって支えられることは、仮想通貨の意義に反している。もし政府やRBIがコントロールすれば、仮想通貨の性質が失われてしまう」と懸念する声も挙がっています。

インドは仮想通貨に関して消極的な面を見せています。

また委員会では、政府が承認しない仮想通貨を禁止する方向で法律を改正することを議論しています。

RBIは7月、銀行に対して仮想通貨取引を行う個人や企業へのサービス提供を禁止すると発表。
また先月にはインド最大級(300万人ものユーザーがいたとされる)の仮想通貨取引所であるZebpayが閉鎖。

インドは最終的には既存の仮想通貨を締め出し、独自の仮想通貨を繁栄させていく方針のようです。

インドのメディアによれば、RBIが、ルピー裏付けの中央銀行デジタル通貨、「CBDC」を発行する可能性に対し、その分析のための専門グループを立ち上げたことを認めたようで、各国の中央銀行がデジタル通貨の導入を検討していると言う、世界的な流れがあるため。と報じられています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B