イーサリアム企業連合、企業利用を促進する2つの新仕様を発表 Devcon4イベント

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イーサリアム企業連合、企業利用を促進する2つの新仕様を発表 Devcon4イベント
 

イーサリアム企業連合、企業利用を促進する2つの新仕様を発表 Devcon4イベント

Enterprise Ethereum Allianceの新発表
イーサリアムブロックチェーンの企業利用を促進するEnterprise Ethereum Allianceは、10月30日からチェコ共和国にて年次イベントDevcon4を開催し、”Client Specification V2”および”Off-Chain Trusted Compute Specification V0.5”と呼ばれる新仕様を発表した。

Devcon4での新情報

イーサリアムブロックチェーンの企業利用を促進することを目的として設立され、マイクロソフトやJPモルガンを始め500社以上の参画企業を持つイーサリアム企業連合(Enterprise Ethereum Alliance:以下、EEA)は、今や世界最大級のブロックチェーンコミュニティとなっている。

そんなEEAは、今月10月30日から11月2日にかけてチェコ共和国のプラハにて、第4回目となる毎年恒例の年次イベントDevcon4を開催した。

昨年メキシコで開催されたDevcon3では、2000人以上が参加し、スケーラビリティ問題の解決策の一つとして注目されたシャーディングについても多く議論されていた。

Client Specification V2

Client Specification V2(バージョン2)は、イーサリアム開発者達が一定の基準に達していることを証明するものであり、異なるブロックチェーン同士の相互運用性を高め、企業やスタートアップが使用する際の敷居を低くできるとされている。

EEAの常任理事を務めるRon Resnick氏(以下、Resnick氏)はその高い相互運用性を、携帯電話とSIMカードで以下のように例えた。

私が言う相互運用性とは、通信業社のような相互運用性を指す。例えば、私が、ある国で携帯電話を買う。そして、それを他の国に持っていって、現地でSIMカードを購入したとしても、使えることは明確であり、高い相互運用性があると言える。

Renick氏は続けて、イーサリアム開発者たちがその新しい仕様を使用し、相互運用性のあるコードを書いていくことで、法人顧客もEEA仕様のソリューションを採用するきっかけに繋がると主張した。

Off-Chain Trusted Compute Specification V0.5

2つ目の新仕様である”Off-Chain Trusted Compute Specification V0.5”は、一連のAPIを提供することで、ゼロ知識証明や複数者による計算などのオンチェーン上で処理するには重すぎるとされる処理を代替としてオフチェーンで処理、その結果をメインチェーンに記録することを可能にする仕様である。

Renick氏は、そのオフチェーンでの信頼できる処理(trusted compute)は、パフォーマンスだけでなく、プライバシーも高めることに成功しており、まさに一石二鳥であるとコメントし、以下のように続けた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B