イーサリアム(ETH)は底値を更新するも大きな反落は見られず、今後価格の流れを変えることはできるのか?-8月29日チャート分析

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イーサリアム(ETH)は底値を更新するも大きな反落は見られず、今後価格の流れを変えることはできるのか?-8月29日チャート分析

イーサリアム(ETH)は底値を更新するも大きな反落は見られず、今後価格の流れを変えることはできるのか?-8月29日チャート分析

長く下落チャートを継続させている仮想通貨イーサリアム(ETH)は8月23日以降、緩やかに底値の更新を続けている状況です。しかし底値更新にも関わらず、大きな下落はみられておらず、レンジ相場に近い値動きが続いています。今後イーサリアムはどのような値動きを見せる可能性があるのでしょうか?チャートをみていきます。

ETH/BTCの4時間足チャートをみてきます。8月14日に0.0419BTC台まで底値を更新させたETHはその後価格の反発を強くみせるも、上昇は一時的なもので終えました。

8月18日以降は再び下落方向への値動きが継続、8月23日には8月14日につけた底値を更新させます。底値更新後のETHはその後も非常に緩やかな値動きをみせていますが、底値更新も継続させていることがわかります。

8月27日の0.0406BTC台まで底値を更新させたETHは、一時的に小さく反発、本日8月29日現在は9.9415BTC台で値動きをみせていることがわかります。

次にETH/USDの注文比率を確認していきます。ETHチャートでは非常に緩やかに底値の更新を続けていますが、注文比率をみると、売り注文量は非常に減少していることがわかります。SNSではICOの狼狽売りも話題になっていましたが、現在の注文比率をみた場合、狼狽売りも一段落したと考えることができます。

今後も売り注文量の減少が続く場合、ETHへの売り圧力は大きく減少し、チャートも遂に一時的に上昇をみせる可能性が高まります。しかしこれまで大きく下落を続けたETHです。売り注文量が減少している現在も、大きな上昇が未だ確認できていないという状況から、市場ではETHに対する購入意欲は未だ小さいのではないでしょうか。今後価格を大きく上昇させていきたいETHにとって、上昇への為のファンダメンタル的な材料が必要と感じられます。

本日8月29日現在、主要仮想通貨であるビットコイン(BTC)は、上昇への兆しを見せ始めています。主要仮想通貨の上昇に伴うETHの上昇に期待です。また再来月にはETHのハードフォークも控えられています。ハードフォークが近づいてくる中、ETHに対する期待買いが増えるかどうか確認していきましょう。多くのアルトコインではハードフォーク前になると一時的にではありますが、上昇への値動きをみせる可能性が多いことも事実です。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B