スイスとイスラエルが仮想通貨とブロックチェーンの規制を共同で推進することに合意

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

スイスとイスラエルが仮想通貨とブロックチェーンの規制を共同で推進することに合意

スイスとイスラエルが仮想通貨とブロックチェーンの規制を共同で推進することに合意

17日、ロイター通信は、イスラエルとスイスの両政府の協議によって金融技術、暗号通貨、ブロックチェーン規制に協力することに合意したと報じました。

スイスの財務大臣Ueli Maurer氏は、イスラエル市場への銀行アクセスを得るために、Joerg Gasser国際財務長官と共にイスラエルを訪問していた。イスラエルは欧州連合(EU)加盟国に市場アクセスを許可している、しかしEU加盟国ではないスイスは除外されていた。

イスラエル財務省はコメントを拒否したが、声明で、スイスに様々な金融問題に関して協力することに合意したと述べた。両国は、ブロックチェーン技術の規制に関する情報を交換することに合意した。

Gasser氏は、ブロックチェーンの規制案を準備しており、年末までに提言を提出すると述べた。2019年に議会が承認できる見立て、2020年には新たな規制の施行を目指している。

スイスはブロックチェーン革新の最前線にあり、ブロックチェーンに優しい規制のために、スタートアップや開発者を呼び集めています。ブロックチェーン・ハブとなっているZug(ツーク)市は、クリプトバレーと呼ばれている。ShapeShift(シェイプシフト)とEthereum Foundation(イーサリアム財団)等は、Zugに本社を置いている。

スイスの規制環境は友好的ですが、中央銀行はそうではなかった。7月にロイターは、スイス国立銀行(SNB)が、暗号ICOプロジェクトに対して、同国の銀行での口座開設を制限していると報じた。スイス金融を規制する政府機関FINMAは暗号通貨を包括するが、SNBはマネーロンダリングに関する懸念のために懐疑的とみられる。

政府が国の暗号通貨「e-franc」の可能性について調査を開始した際、中央銀行は暗号技術が十分ではないして、これを否定した。しかし、新しいZugベースのスタートアップAlprockzは現在、スイスフランをベースにした価格安定コインを開発している。このことは銀行のサポートの有無にかかわらず、暗号技術が進展していることを強調している。

一方、イスラエルは重要な技術的ハブであると考えられています。ビットコインの採掘大手Bitmain(ビットメイン)は、イスラエル西部の開発センターの規模を3倍に拡張、ASIC製造を増加すると発表しました。昨年、イスラエルの Benjamin Netanyahu(ベンヤミン・ネタニヤフ)首相は伝統的な銀行の時代が終わりに近づきつつあると示唆、暗号通貨が転換点になるかもしれないと述べました。

「銀行の運命は最終的に消えゆくのか?イエス。答えはイエス。明日起こる必要があるのか?我々はビットコインを使って、それを行う必要があるのだろうか?それは疑問符だ。」

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B