ステラ(XLM)版のLightning Network「Starlight(スターライト)」がテストリリース

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ステラ(XLM)版のLightning Network「Starlight(スターライト)」がテストリリース

ステラ(XLM)版のLightning Network「Starlight(スターライト)」がテストリリース

LightyearとChainの合併によって最近設立されたInterstellar(インターステラ―)は、新たに「Starlight(スターライト)」機能を発表しました。Starlightは、ビットコインのライトニングネットワークと同類のペイメントチャネル技術です。

Interstellarの公式発表は、「ペイメントチャネルでの取引は比較的プライベートで安全であり、瞬時に起こります。」と宣言しています。

これは基本的にステラ版のLightning Network(ライトニングネットワーク)と言えます。Starlightで開設するチャネルは、当事者間をつなげるプライベートな双方向パスで、相互の資産を秘匿に無料で迅速に支払います。ブロックチェーン上での最終決済だけが、ステラネットワークで実行されます。

ブロックチェーン上のトランザクションは、通常、ブロックがコンセンサスに達するまでに時間がかかります。トランザクションデータを手数料を支払って公開することで、ペイメントを実行しています。この方法は取引情報を開示するのでプライベートでは無く、時間も浪費します。

一方、ステラが提案するペイメントネットワークは、取引当事者間に別々の経路を設定します。ブロックがコンセンサスを得る必要が無いため、取引は一瞬で処理されます。但しこのトランザクションはブロックチェーンに公開されません。チャネルが閉鎖されると、ネットワークは取引履歴を考慮し、勘定バランスを共有し、最終残高のみがブロックチェーンに追加されます。

現在Starlightは、完全にテストされていないので、テストネットでのみ動作します。現行バージョンは、双方向チャンネルとステラ(XLM)トークンのみをサポートしています。今後、Stellarネットワーク上で発行されたトークンと互換性を持つよう、開発される見込みです。

Starlightは、Lightning NetworkやRipple(リップル)の Interledger(インターレジャー)のような他のネットワークとの統合も視野に入れています。

2018年9月10日、Chain(チェーン)社はStellar Development Foundation(ステラ開発ファウンデーション)の営利子会社であるLightyear(ライトイヤー)によって買収されたことを発表しました。

米国のChain社は2014年に設立され、4000万ドルの投資資金を調達して規模を拡大しました。組織が「より良い金融サービスを構築する」ことを目指しています。Chainの重要な点は、Visa、Nasdaq(ナスダック)、Citigroup(シティ)などの金融機関から資金を調達したことです。さらに、Visa B2B Connectプラットフォームを共同開発しています。

LightyearとChainはどちらも解体し、InterStellarが包括して60人を雇用しています。InterStellarは、サンフランシスコとニューヨーク市に本社を置きます。Stellarの共同創設者Ludwin氏とJed McCaleb氏は、それぞれInterstellarのCEOと、CTOに就任しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B