ソニー・グローバルエデュケーションが描く、ブロックチェーンを活用した教育データネットワークの未来

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ソニー・グローバルエデュケーションが描く、ブロックチェーンを活用した教育データネットワークの未来

 一般的に“ブロックチェーン”といえば、仮想通貨をイメージする人が多い。しかし、言うまでもなく、ブロックチェーンは1つの技術であり、他の分野やサービスにも応用可能だ。

 近年、教育分野においてもブロックチェーン技術を活用したサービスが、国内外で登場している。学習者の成績証明書や学習記録の管理、デジタルコンテンツや知的財産の保護など、その活用はさまざまであるが、教育分野も今やブロックチェーンの黎明期にあるといってよいだろう。

 そんな中、10月20日に奈良県の帝塚山大学にて「ブロックチェーンが教育を変える」と題したNPO法人CCC-TIES主催のシンポジウムが開催された。CCC-TIESは、学校のためではなく人生のために学ぶを理念に、高等教育を公開するNPO法人である。シンポジウムより、ブロックチェーンの教育利用とはどのようなものか。登壇者の話しから探っていこう。

帝塚山大学にて開催されたTIESシンポジウム2018の様子。今回のテーマは「ブロックチェーンが教育を変える」で、全国から関心のある教育関係者らが集まった

引用元はこちら
当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B