ソニーCSL、ICカード型のハードウェアウォレットを開発

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ソニーCSL、ICカード型のハードウェアウォレットを開発

ソニーCSL、ICカード型のハードウェアウォレットを開発

23日、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所(以下、ソニーCSL)は、ICカード技術を利用した、仮想通貨ハードウェアウォレットを開発したと発表した。セキュアなオフライン環境にビットコインやアルトコインを保存しながら、従来のオンラインウォレットと同水準の利便性を実現するという。

従来の暗号通貨ハードウェアウォレットと言えば、Trezor One(トレザー)やLedger Nano S(レジャー・ナノ)に代表されるように、ユーザーのPCやモバイル機器にUSB接続して利用する。一方で、ソニーCSLのウォレットは、ユーザーの秘密鍵を非接触ICカードに保存して、NFC対応のモバイルデバイスから迅速なトランザクションの署名を確保する仕組みだ。

ソニーCSLは次のように説明しています:

「ICカードタイプのハードウェア・ウォレットは、USBを介してPCに接続する典型的な既存のハードウェア・ウォレットとは異なり、小型でポータブルで便利です。またICカード内に、信頼性の高い改ざん防止モジュールを備えた秘密鍵をセキュアに生成して格納できます。」

リリースによると、ウォレットICカードはの用途は暗号通貨の取引だけに留まらない。ユーザーに「複数の実現可能なアプリケーション」を提案できるという。例えば、個人情報の使用を許可する、ブロックチェーントランザクションへの署名が挙げられています。

最も注目すべき点は、ソニーCSLの暗号技術の開発は単なる研究プロジェクトではない事です。最先端技術の革新者としての地位を模索し続けるソニーは、この技術を実際のプロダクトやアプリケーションに活用する意向を示しています;

「ソニーCSLは、ブロックチェーン技術の普及を促進する目的で、暗号通貨を含むデジタル資産の安全な取引を可能にする“暗号通貨ハードウェアウォレット技術”の商業化に向けた取り組みを進めていきます。」

今年4月末、ソニーはデジタル著作権(DRM)について第三者機関に委ねる代わりに、独自のブロックチェーン内に記録する特許を出願したことが明らかになりました。同社は今月、ソニー・グローバル・エデュケーションの既存DRMプラットフォームを利用して教育データを共有する目的で、このシステムの生産版を発表しました。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B