トロン(TRX)ネットワークで最初の分散型取引所「Tron Watch Market」のICO開始が迫る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

トロン(TRX)ネットワークで最初の分散型取引所「Tron Watch Market」のICO開始が迫る

トロン(TRX)ネットワークで最初の分散型取引所「Tron Watch Market」のICO開始が迫る

トロン(TRX)エコシステムを構成するトークンのための、分散型取引所プロジェクトが立ち上がった様です。新たなICOプロジェクト「Tron Watch Market(トロンウォッチマーケット)」のトークンセールは約5.5億円の資金調達を目指しており、9月25日火曜日に開始されます。

トロン(TRX)メインネットは、8月30日にトロン仮想マシンをプラットフォームに統合しました。これにより、トロンのブロックチェーン上で「分散アプリケーション(dApps)」を開設できるようになりました。イーサリアムのように、トロン・ネットワークでトークンを作成する機能が追加されています。

まもなく、トロン・エコシステムを構成するトークンのための分散型取引所プロジェクトが開設されます。このICOプロジェクト「Tron Watch Market(トロンウォッチマーケット)」は、次のような目標を設定しています。

・直感的かつ完全な機能を備えた分散型取引所(DEX)
・TRON、TRX10、およびTRX20トークン間の安全な分散型取引を実現
・トロントークンネットワークの流動性を高める
・ DEXはネットワーク上のすべてのトークンをサポートする

Tron Watch Marketのウェブサイトによると、ICOトークンセールの開始日は、25日火曜日AM 1時(日本時間)です。ICOセール時の設定価格は、1 TWMあたり0.5 TRX(約1.25円)です。

TronWatchMarket(TWM)トークンは、分散型取引所の主要機能で利用できます。ライフタイム取引、TWM上場手数料の支払い、プラットフォームへの投票などが予定されています。

TWMはまた、資金調達プラットフォーム「Sesameseed」と提携。SEED所有者はSEESGerminatorプラットフォームを介してTWMトークンを購入できます。

このプロジェクトチームは、トロン(TRX)プラットフォームを選んだ理由を以下のように説明しています;

「トロンは比較的若いプラットフォームであり、2018年6月にメインネットを立ち上げました。“ウェブの分散化”とdAppに優しいインフラ構築に焦点を当てているため、トロンは確実に開発者とICOを引き付けるだろう。近い将来、トロンネットワーク上に多数のトークンが存在する可能性があります。TronWatchは、それらを成功させるために役立つことを望んでいます。」

TronWatchMarket(TWM)のホワイトペーパーによると、ターゲットとするDEX市場は、IDEX、Bancorなどが先行しています。DAppRadarの2018年9月時点の数値をもとにした市場規模は以下の通りです。

ハードキャップ(目標調達額):500万ドル(5.5億円)
発行枚数:1,000,000,000 TWM
供給枚数:500,000,000 TWM
ICO開始:9/25/2018 1:00 AM
ICO終了:10/30/2018 1:00 AM
発行国:カナダ

TronWatchMarket(TWM)はソフトキャップ200万ドル調達後、10週間後(最長でも2019年3月)にベータリリースを目指しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B