ビットコインなどの仮想通貨マイニングが地球温暖化に与える影響を考察する論文が発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインなどの仮想通貨マイニングが地球温暖化に与える影響を考察する論文が発表
 

ビットコインなどの仮想通貨マイニングが地球温暖化に与える影響を考察する論文が発表

仮想通貨は地球環境の敵なのか
仮想通貨のマイニングや取引には、大量の電力が使われている。
ハワイ大学の研究チームは、ビットコインの使用により今後30年で2℃以上の気温上昇が引き起こされると批判した。一方で、単純論理による批判を諫(いさ)める声もある。
論点は電力消費量でなく二酸化炭素の排出量
ピッツバーグ大学のKelly博士は、電力消費よりも由来を気にすべきだと主張。マイニングファームは、更に電気代の安い米国西海岸やアイスランドへ移り始めているが、同地では水力や地熱エネルギーが発電に使われている。
マイニングとは
仮想通貨の取引記録をブロックチェーンに追記する際、膨大な計算が必要となる。 世界中の有志からコンピューターリソースを募って「共有・追記」を行なっているが、この追記に成功した場合、マイナー(採掘者)に対して報酬が支払われる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

ビットコインをはじめとした仮想通貨のマイニングには、大量の電力も高性能コンピューターも必要だ。

中国などの巨大マイニングファームを目にして、仮想通貨による環境破壊を懸念する人々は多い。

マイニングだけでなく、世界中で行われる仮想通貨取引にもたくさんの電力が消費されている。

気象変動の学際的な研究を掲載する「Nature Climate Change」誌でハワイ大学マノア校のCamilo Mora氏(以下Mora氏)らは仮想通貨による環境破壊を指摘した。

2020年以降の地球温暖化対策を定めたパリ協定では、産業革命前からの世界平均気温上昇を2℃未満に抑えるという目標が掲げられている。

共著者の一人である同大学のKatie Taladay氏は、こう述べている。

「現在、進行する気候変動の主因は輸送、住宅、食料であると考えられているが、この研究結果はビットコインをこのリストに加えるべきであることを示している」

またロイター通信の報じたところでは、筆頭著者のMora氏は

とトムソン・ロイター財団に語っている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B