ビットコインキャッシュ(BCH)価格20%高騰の背景にあるGemin上場示唆とBitmainのIPO申請

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインキャッシュ(BCH)価格20%高騰の背景にあるGemin上場示唆とBitmainのIPO申請

ビットコインキャッシュ(BCH)価格20%高騰の背景にあるGemin上場示唆とBitmainのIPO申請

過去24時間で20%の利益を観測した後、ビットコインキャッシュの価格は60,750円(540ドル)の抵抗ラインを挑戦しようとしています。現在59,134円(525ドル)を推移しているBCHは、比較的安定して取引されています。価格高騰の背景には2つの重要なファンダメンタルズがありそうです。

BCH価格上昇に潜在的に寄与する要因の1つに米国の暗号通貨取引所Geminiがあります。ウィンクルボス兄弟が所有する取引所は「ビットコインキャッシュ(BCH)をプラットフォーム上に上場するための規制上の承認を受けた」と公表しました。現在、Geminiはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、およびジーキャッシュ(ZEC)に対して米ドルとの取引市場をサポートしています。また、同社は認可されたカストディアンサービスも提供しています(1*)。

27日未明、以下のようにBCHとライトコイン(LTC)を追加する可能性が示されています。

「ライトコイン・サミットで10月13日にLTCサポートを開始すると発表しました。私たちは既にBCHをリストアップするために規制当局の承認を受けていますが、まだ上場日を発表していません。BCHがいつ取引できるのか必ず皆様に知らせます。」

このコメントはツイッター上で暗号投資家が、GeminiのBCH上場の噂について会話している所に、Geminiの公式ツイッターが加わったものです。

BCHの価格上昇の原因となった別の要因は、BitmainのIPO申請でした。Bitmainはクリプト採掘産業で最大の企業です。彼らはビットコインキャッシュを含む暗号通貨を大量に保持しています。先月、Bitmainが100万枚以上のBCHを保有しているという情報が広まりました。

Bitmain 社のIPO資金調達額及び評価額に注目が集まりますが、同社はIPOの日付、IPOの資金調達目標、および彼らが使用する評価を明らかにしていません。

最近、ICOの資金調達は低調、ほとんどの投資家はICOに資金を投入する前に慎重を期しています。しかし、Bitmainは暗号の最大企業の1つであり、ICOより多くの投資家を呼び込む可能性があります。

(1*)Geminiは、個人と機関の両方のために構築された、認可されたデジタル資産交換およびカストディ機関です。ニューヨーク州金融サービス局(NYSDFS)によって規制されているニューヨークの信託会社です。受託者として、NYSDFSおよびニューヨーク銀行法によって定められた資本準備金、サイバーセキュリティ要件、および銀行コンプライアンス基準に従っています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B