ビットコイン価格の1万ドル突破は来年の見立て、6,800ドルが重要―マイク・ノヴォグラッツ氏

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン価格の1万ドル突破は来年の見立て、6,800ドルが重要―マイク・ノヴォグラッツ氏

ビットコイン価格の1万ドル突破は来年の見立て、6,800ドルが重要―マイク・ノヴォグラッツ氏

仮想通貨に特化した商業銀行ギャラクシー・デジタル社(Galaxy Digital LP)の創設者であるマイケル・ノヴォグラッツ(Michael Novogratz)氏は、来年のQ1とQ2に機関の資金の流入が起こる可能性があり、ビットコインに非常にポジティブであると述べました。

先週のブルームバーグのインタビューで、Novogratz氏はまず、Fidelity Investments(フィデリティ)について語りました。

7.2兆ドルの顧客資金を運用するFidelityは機関が要求するグレードの、購入したデジタル資産の安全管理に特化したカストディソリューションを開設することを発表しました。暗号通貨が安全な資産クラスであるかどうかを判断したいと考える世界中の金融機関にとって、カストディにより、暗号通貨への参入に一歩近づくと同氏は主張します。

「機関投資家が暗号通貨に関わるきっかけとなる物の一つは、カストディソリューションであると長い間言い続けてきました…そして、それらは機関を対象とした世界クラスのカストディソリューションが誕生しつつあります…これはチェックすべき事です。」

Novogratz氏は、Fidelityによる動きが市場に好感されるだろうと考えていますが、どれほどのボリュームの関心を集めるか、またどれほどのスピード感でそれを達成できるかについては慎重です。

Fidelityのカストディは、2019年Q1までは稼動しません。その時期が来ても、すぐに投資家が流入するという訳ではありません。最初にFidelityが実績を上げ、カストディチームが経験を積んだ後、さらなる資金が投資されます。

またNovogratz氏は自身の会社がビットコインをロングしていると認めているが、その時期についても慎重です。ビットコインの価格が2018年末に1万ドルを上回らないだろうと語りました。目先のターゲットは6,800ドルと1万ドルの水準を見ているという。「6800ドルをまず取っておかなければならない」とNovogratz氏は以下のように述べています;

「このプロセスで学ぶことの1つは、皆が望むよりも少し時間がかかりそうな事だ。私は年末までに(BTCが)1万ドルを超えるとは見ていません。」

ちょうど先月、Novogratz氏はCNBCに、ビットコインの価格は年末までに30%上昇すると見ていると述べました。同氏はまた、「価格が10,000ドルのレンジに戻れば、機関と年金基金にとってこれに投資する完璧なきっかけとなるだろう。」、と述べました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B