ビットコイン(BTC)は本日再びレンジ相場内にて下落方向へ動く、今後反転の兆しは訪れるのか?-10月25日チャート分析

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン(BTC)は本日再びレンジ相場内にて下落方向へ動く、今後反転の兆しは訪れるのか?-10月25日チャート分析

ビットコイン(BTC)は本日再びレンジ相場内にて下落方向へ動く、今後反転の兆しは訪れるのか?-10月25日チャート分析

10月24日、2時間足チャートにてそれまでレジスタンスラインとして機能していた長期移動平均線を上方へブレイクした仮想通貨ビットコイン(BTC)、しかしその上昇は限定的となりました。更に本日10月25日には再びレンジ相場内での下落が起きています。今後ビットコインはどのような値動きをみせるのでしょうか?チャートを確認していきます。

BTC/JPYの15分足チャートをみていきます。10月24日に大陽線を形成したBTCは上値を72万5千円まで上昇させます。10月24日には二度に渡り72万5千円台を突破しようとする動きがみられたBTCではありましたが、結果突破することはできませんでした。BTCの15分足チャートにはダブルトップを形成することになります。

ダブルトップ形成後のBTCは大きく反落。下落はレンジ相場内での値動きにはなりましたが、10月23日に強く支持帯として機能していた71万4千円台を少し割ることになり、71万2千円台まで下落することになりました。

71万2千円台接触後のBTCは反発の動きをみせていますが、本日10月25日直近のローソク足では200日移動平均線で一度上昇を止めている動きが確認されます。

次にBTC/JPYの2時間足チャートをみていきます。10月24日にレジスタンスラインと重なる200日移動平均線を上方へ抜けたBTCでしたが、レンジ相場内での上値を越えることはできず、本日10月25日には反落しています。更に本日の下落は、10月23日にサポートラインとして固く機能していた71万4千円台を更新する形となっています。

下落後のBTCは再び反発の動きを現在みせています。15分足チャートでは200日移動平均線に接触するタイミングで陰線を出現させていますが、2時間足チャートでも同様に現在の価格である71万8千円台は200日移動平均線に接触するタイミングです。そのため10月24日の上値まで未だ到達してはいないBTCですが、現在の価格帯から反落する可能性が高まっています。また、現在の価格帯から反落する動きがみられる場合、今後も200日移動平均線が上抑えとして働く可能性が高まり、10月24日のチャートから一転し、BTCは弱気相場へ移行する可能性が高まるため注意しましょう。まずは今後の200日移動平均線との関係性、またサポートラインで強く反発を起こせるのか注目する必要がありそうです。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B