ピクセルカンパニーズ[東証JQS 2743]がエストニアでの仮想通貨交換業CoinCoin OÜを子会社化へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ピクセルカンパニーズ[東証JQS 2743]がエストニアでの仮想通貨交換業CoinCoin OÜを子会社化へ

ピクセルカンパニーズ[東証JQS 2743]がエストニアでの仮想通貨交換業CoinCoin OÜを子会社化へ

ピクセルカンパニーズ株式会社は、システム開発事業を手がける香港子会社の海伯力(香港)有限公司を通じて、エストニアでの仮想通貨交換業に関するライセンスを保有する同国のCoinCoin OÜ の出資持分のすべてを取得することを決議しました。

CoinCoin OÜはエストニア国内で仮想通貨事業を目的に2018年2月に設立。

すでに仮想通貨交換業を行うためのライセンスと電子的に資産を預かることのできるライセンスを取得し、事業開始の準備を進めています。

ピクセルカンパニーは同社の子会社化で、エストニアで仮想通貨交換業の展開が可能になるほか、マイニング(採掘)事業やブロックチェーン(分散型台帳)技術を用いたシステム開発事業など仮想通貨関連事業の拡大に繋げます。

同社グループは、グループの中核事業としてピクセルソリューションズを立ち上げています。フィンテック・IoT事業において、金融機関向けのシステム開発や電子的封印技術を活用したIoTデバイス(スマートタクシーメーター:特許出願中)の開発・製品化に取組むととともに、仮想通貨関連事業(マイニング事業)及びブロックチェーン技術を用いたシステムの開発受託事業を行っていきます。

またピクセルカンパニーは今年の8月29日に海伯力が、ブロックチェーン技術を用いたスマートコントラクトシステム開発の同社グループ第1号案件として、ブロックチェーンプラットフォームであるNEOをベースとしたNEVULAトークンの開発を受託し、納品完了したことを発表。

開発者報酬 として 40 億 NVL の受領手続きが完了したそうです。

同社グループとして、対象会社を子会社化することにより、エストニア国内において仮想通貨交換業に関連した事業展開を行うことが可能となることから、フィンテック・IoT事業におけるマイニング事業、ブロックチェーン技術を用いたシステム開発事業等の仮想通貨関連事業の事業領域の拡大に繋がり、フィンテック・IoT事業の事業成長及び事業シナジーに資するものと考えており、中長期的なグループの業績拡大及び企業価値向上に繋がると想定されることからCoinCoin社の出資持分を取得したとしています。

2019年12月期中を目途に事業展開や投資計画等の方針等を決定し、今後の事業開始を進める予定と説明しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B