フィデリティとのパートナーシップの噂が広まるステラ(XLM)が週間で10%以上の上昇

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

フィデリティとのパートナーシップの噂が広まるステラ(XLM)が週間で10%以上の上昇

フィデリティとのパートナーシップの噂が広まるステラ(XLM)が週間で10%以上の上昇

ステラ(XLM)は、フィデリティ(Fidelity Investments)とのパートナーシップの噂によるファンダメンタルズによって、過去1週間で2ケタの利益を上げています。

21日、市場が微かに全面高となる中、ステラ(XLM)の価格はほとんど動きませんでした。22日現在は、1XLM=26.79円前日比2.43%安となっています。

XLMは過去7日比12.75%増加、土曜日に0.25ドル付近のピークに達しました。暗号通貨市場は同4%増加しており、ビットコインは同3.4%増加、イーサリアムは同3.7増加しました。

現在の価値では、ステラブロックチェーンの時価総額は5086億円です。過去24時間の取引量は51.5億円。主要な取引市場はBinance(対USDT)、BitMart(対ETH)、BCEX(対CKUSD)です。

XLMは8月中旬の市場の停滞期間にも、その価値を上げました。当時の市場はイーサリアムの21%の減少とIOTAの約40%の急降下を伴いました。

先週のステラの価格の上昇の一因に、一つの噂があります。Fidelity Investmentsが検討しているデジタル資産事業に、XLMブロックチェーンを採用する可能性があると、推測されています。この推測の根拠は、有望なブロックチェーンのスタートアップChain(チェーン)を率いていたフィデリティの役員Tom Jessop(トム・ジェソップ)氏に紐づいています。Chain(1*)プロジェクトは9月に、Stellar Development Foundation(ステラ・デベロップメント・ファンデーション:財団)に買収されていました。合併後、ステラ財団はInterstellar(インターステラー)としてリブランドしました。

機関の中でも、Fidelityは暗号通貨の早期採用者と考えられています。同社は過去4年間にわたり暗号通貨をマイニングしており、最近はブロックチェーンにフォーカスした新しいプロダクトを開発する計画を発表しました(2*)。

大企業がステラ・ブロックチェーンへの参入を模索しているため、ここ数カ月間、XLMはポジティブな投機対象となっています。8月にビジネスインサイダーは、Facebookがステラとのパートナーシップを検討していると報じました。Facebookは噂を否定しましたが、一方で同社は実際にブロックチェーン参入を模索していると見られており、投資家の間でステラは依然として主要な採用候補と信じられています。

先月、IBMは世界中でデジタル通貨の採用を拡大させる動きの中で、ステラ・プロトコルで新しい送金ビジネスを正式に開始したことを発表しました。IBMの「Blockchain World Wire」は、数秒で国境を越えた取引を解決するためにステラブロックチェーンを利用してい
ます。

(1*)Chain社は以前、ブロックチェーン・キャピタル、パンテラ・キャピタル、ビザなどのVCから4,300万ドルを調達しました。Chainの主力製品「Sequence」は、サービスとしてのレジャー(LaaS)です。プライベートチェーンをレンタルして、利用する組織はトークン化されたマネーを発行して追跡・送金したり、ウォレット残高を基に融資できます。

(2*)先週、世界5大金融サービスプロバイダの1つ、Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)は、機関向けの暗号通貨取引所とストレージプラットフォームの設立を発表しました。新会社Fidelity Digital Asset Services, LLC(フィデリティ・デジタル・アセッツ)は設立時にビットコイン、イーサリアムなどの暗号通貨を保有します。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B