マイクロソフトが「ブロックチェーンID管理」プロダクトのホワイトペーパーを発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

マイクロソフトが「ブロックチェーンID管理」プロダクトのホワイトペーパーを発表

マイクロソフトが「ブロックチェーンID管理」プロダクトのホワイトペーパーを発表

最近、Microsoft(マイクロソフト)社はブロックチェーンを用いたID(アイデンティティ)管理を目的としたプロダクトのホワイトペーパーを公開しました。同社はユーザーデータを制御する、大きく2つのプロダクトを計画しています。

「アリスは最近、大学を卒業しました。彼女は自身のDIDに対して大学から発行された卒業証書のデジタルコピーを要求できます。彼女は、新たな雇用主のような誰かに卒業証書を提示できます。雇用主は卒業証書の発行者、発行時期、およびステータスを独自に確認できます。」

1つのプロジェクトは、暗号化されたデータストレージ「IDハブ」です。ユーザーのデバイスとMicrosoft Azure(マイクロソフト・アジュール)クラウドサービスの両方の技術を利用します。これは誰でもデータを保存できますが、第三者はアクセス許可ベースでのみアクセスできます。

2つ目のプロジェクトは「ウォレットライクなアプリ」で、上記の技術と連携して機能します。理想は、ユーザーは権限をウォレットに格納して効率的に管理することができます。また必要な場合に権限を抹消することもできます。

最も興味深いのは、これらの2つのアプリケーションの背後にある基本的なブロックチェーン技術です。どちらのイノベーションも、World Wide Web Foundation(W3C)によって制定された分散型IDテクノロジ(DID)の拡張に取り組んでいます(1*)。

DIDは、従来のブロックチェーンと同様に、中央権威を不要とします。ここでは、アイデンティティは、ブロックチェーンまたは他の分散型ネットワーク上に「登録」されています。この方法において、ユーザーの同意なしに身分証明を触ることはできません。

この技術は、従来のブロックチェーンの上に、この種の技術を「第2層」として実装するという計画です。これは、ビットコインのライトニング・ネットワークとは異なります。この設計は「世界規模で使用される事」を念頭に、「開発者や企業がプロダクト、アプリケーション、サービスの新しい波を構築するために頼りにする統合された、相互運用可能なエコシステムを確立する」という目的を持っています。

リリースの予定期間は公開されていせんが、Microsoftのような大企業がブロックチェーンとアイデンティティに投資している事実は、業界にとってはポジティブな兆候です。

Microsoftはブロックチェーンにとってこれまで複数関与してきました。今年8月、「Ethereum Proof-of-Authority for Azure」を発表、これは企業がプルーフオブワーク(PoW)コンセンサスを必要としない特殊なイーサリアムにアプリケーションを構築できるもので、マイニング不要なプロダクトです。Microsoft Azure上で提供している「サービスとしてのブロックチェーン(BaaS)」の一つとしてリリースしました。

また、昨年11月、ストラティス(STRAT)と提携してMicrosoft Azure上で「Stratis Development Platform」という企業向けの開発環境を発表しました。

(1*)Decentralized Identifiers (DIDs): The Fundamental Building Block of Self-Sovereign Identity (SSI)

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B