マルタのジョセフ首相「仮想通貨は未来のお金」と国連総会で発言

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

マルタのジョセフ首相「仮想通貨は未来のお金」と国連総会で発言

マルタのジョセフ首相「仮想通貨は未来のお金」と国連総会で発言

国連総会でマルタのジョセフ・マスカット首相は、グローバルな問題に新技術がソリューションになるとスピーチしました。その中で、ブロックチェーン技術と暗号通貨の将来について語り、「必然的に未来のお金になる」と表現しました。

9月27日、マルタ共和国のジョセフ・マスカット首相は、第73回国連総会でスピーチしました。世界に向けてマスカット氏は、マルタが無限の可能性を秘めた新技術の活用を目指していると述べて、高度なロボット技術や人工知能から3Dプリント、IoT等に触れました。同氏は、高度な技術が様々な問題のソリューションにつながると主張しました。

そのような文脈で、ブロックチェーンによる“必然的に未来のお金である暗号通貨”が、一般的なビジネスのパフォーマンスと透過性を向上できると述べました。

「私は技術が革命を起こし、システムを改善すると強く信じています。そのため、マルタは、新しい技術を規制する最初の管轄として、ブロックチェーン・アイランドとして打ち立てました。ブロックチェーンは、不可避の未来のお金、暗号通貨の透明性を高めます。バッドなビジネスからグッドビジネスをフィルタリングするのに役立つからです。」

同氏は、「ブロックチェーンの可能性を認識したマルタは、暗号市場とその中のビジネスを公然と受け入れており、グローバルな暗号通貨分野を、有利な規制と実践的な政策でリードする。」と強調しました。

マルタは国連総会において、暗号通貨が重要な役割を占めるスピーチを行った唯一の国です。さらにマスカット氏は、より良い未来を統合する手段として、ブロックチェーン技術のポテンシャルを熱弁しました。

マスカット氏は、マルタは暗号通貨だけでなく、第三者サービスを排除して情報やお金を完全に自由に利用できる、ブロックチェーンの可能性と能力に情熱を注いでいると説明しました。ブロックチェーンが医療や慈善のような主要産業の既存のインフラを置き換えることができる解決策を最終的に生み出すと説明しました。

「これらの分散型台帳技術は、さらに多くのことを行えます。患者の医療記録を所有する医療システムに新しいソリューションを提供できます。排出権取引システムは、次のレベルに引き上げられるでしょう。人道支援が意図した目的地に到達しているか確認するのに役立ちます。データ侵害による財産の盗難を防ぎます。法人は株主により説明責任を果たせます。各国は、市民の情報を無駄に保管する状態から、市民が信頼してデータを取り扱えるような環境の規制に移行する必要があります。」

「これらは、後退的かつ復古的な政治に対抗する、わずかな一例です。」

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B