リップル(XRP)は引き続き下落傾向ではあるが幅は限定的に、今後反転の動きを見せるのか?-9月11日チャート分析

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル(XRP)は引き続き下落傾向ではあるが幅は限定的に、今後反転の動きを見せるのか?-9月11日チャート分析

リップル(XRP)は引き続き下落傾向ではあるが幅は限定的に、今後反転の動きを見せるのか?-9月11日チャート分析

6月以降の下降トレンドラインに沿った値動きをみせている仮想通貨リップル(XRP)。9月7日のトレンドライン付近接触後、下落チャートを形成していましたが、本日9月11日には一時反発の値動きもみられており、下落は限定的となっています。今後リップルはどのように動く可能性があるのでしょうか?チャートを確認していきます。

XRP/BTCの2時間足チャートをみていきます。9月6日未明に0.0000410BTC台まで下落したXRPはその後大きく反発をみせました。XRPの価格上昇は、6月以降の下降トレンドライン付近で止まり、再び反落の値動きをみせます。本日9月11日未明には下値を0.0000416BTC台までつけましたが、その後は一時的な反発をみせ、再び下落の値動きをみせています。

本日9月11日はXRPの方向感も慌ただしくなってきました。まずは9月11日につけた下値、0.0000416BTC台への接触をみせず、更に下値を切り上げる動きをみせるのか注目しましょう。直近上値は0.0000434BTC台となり、その直上0.0000441BTC台には一目均衡表雲も位置しているため、短期的な買い注文には注意して取引を行うようにしましょう。

次にXRP/BTCの日足チャートをみていきます。XRPは6月以降、下降トレンドラインに沿った値動きをみせながら下値を大きく更新していきました。しかし8月13日に0.0000402BTC台まで底値を更新したXRPは、その後は底値の更新は無く、緩やかではありますが下値を切り上げてきている展開となってきました。

しかし上値に対して下値の切り上がり方は非常に緩やかであり、まだ下降三角型に近い形をとっています。ローソク足を収束始めてきている現在、XRPにとって大きな値動きがみられる可能性があり、現在のパターンでは下落方向への可能性が優勢ではある状況ではあります。

下降トレンドラインと切り上がり始めたサポートラインにて収束をし始めたXRP、注意する点としてはそれぞれのラインをブレイクしたタイミングということになります。明日9月12日の場合、上値は0.0000451BTC~0.0000447BTC台。下値は0.0000414BTC台接触時には注意が必要です。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B