リップル(XRP)は揉み合いが続く相場の中で一時上昇みせる。今後価格は上がり続けるのか?-8月27日チャート分析

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル(XRP)は揉み合いが続く相場の中で一時上昇みせる。今後価格は上がり続けるのか?-8月27日チャート分析

リップル(XRP)は揉み合いが続く相場の中で一時上昇みせる。今後価格は上がり続けるのか?-8月27日チャート分析

8月25日以降、揉み合いの値動きが続いていた仮想通貨リップル(XRP)は本日8月27日に一時、上昇方向への値動きを開始しました。中期チャートでは下落チャートを形成しているリップルは、今後のトレンド転換の兆しを作ることができるのでしょうか?チャートをみていきます。

XRP/BTCの15分足チャートをみていきます。8月25日以降0.0000482BTC台近辺を下値とした値動きを継続させてきたXRP、揉み合い相場の中で上値、下値共に緩やかに切り下げる値動きこそみられていましたが、本日8月27日には価格を一時上昇させています。

上昇後、0.0000494BTC台まで上昇したXRPは一時反転するも、0.0000486BTC台で反発し、再び上昇の値動きがみられています。XRPは2日ぶりの上昇ということになりますが、現在の高値は8月25日以降の高値とほとんど同価格帯ということになります。
そのためレンジ相場が継続する場合、XRPは再び下値を0.0000482BTC台近辺として反落する可能性が高まります。本日つけた高値である0.0000494BTC台を大きく上回ることができれば、XRPは晴れてレンジ相場を上に抜けたと判断できるでしょう。

XRP/BTCの2時間足チャートをみていきます。XRPは分足チャートにてレンジ相場と判断できますが、時間足チャートでは8月25日につけた高値は実線を伴っておらず、上ヒゲとして終えています。対して本日8月27日につけた高値ではしっかりと実践を残しているという点から、8月25日と比較すると勢いのある上昇と捉えることができます。

2時間足チャートでは現在の高値が丁度一目均衡表の雲に阻まれていることがわかります。また明日以降も一目均衡表雲は0.0000493BTC~0.0000488BTCに残る見通しとなっており、XRPにとって今後も強い上抑えとして機能することになりそうです。

仮に現在の高値を大きく抜けることが出来た場合XRPにとって、最初に目標とする価格帯は、8月14日~18日までの上昇チャートのフィボナッチ比率である0.0000507BTC台となります。更にその上には6月上旬からなる下降トレンドラインが位置することとなります。

本日8月27日の上昇が、レンジ相場内の高値で終えている点、時間足チャートでは一目均衡表雲が上抑えとして機能している点より、XRPはレンジ相場を継続させる可能性が高いといえるでしょう。しかし高値接触後、大きな反落もみられていない現在、レンジ相場突破のチャンスは継続中と考えることができます。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B