世界トップ50大学の42%が仮想通貨かブロックチェーンの講座を1つ以上提供している

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

世界トップ50大学の42%が仮想通貨かブロックチェーンの講座を1つ以上提供している

世界トップ50大学の42%が仮想通貨かブロックチェーンの講座を1つ以上提供している

28日、米国の仮想通貨取引所コインベースは国際的な大学の675人の学生を対象にした調査レポートを公開しました。世界大学ランキング*トップ50大学のうち、21大学(42%)でブロックチェーン技術や仮想通貨に関するコースを提供。また少なくとも11大学が複数のコースを提供していたという。*USニューズ&ワールド・レポート社の大学ランキング

「今日の学生は経済問題と代替経済の未来について深く考えています。」カリフォルニア大学アーバイン校社会科学科の学部長ビル・マーラー氏はコインデスクに以下のように語っています。

「これらを教えることは、学生にとって本当に強力なものとなる。現行の経済システムにどのような別の可能性があるのか、彼らは自分たちの道を見つけようとしている。」

コインベースの調査によると、社会科学専攻の学生が仮想通貨とブロックチェーンについて学ぶことにより高い関心を示し47%だった。コンピュータサイエンスとエンジニアリングを専攻する学生の34%を上回っていました。

マーラー氏は、社会科学の研究に関連して金融システムについて学ぶことで、学生は今日の雇用市場に向けた準備ができると述べました。

「技術のヒューマンサイドを理解し、人類学者が養成したスキルを持つ人々に対し、特にデザインスペースで大きな需要があります。」

コーネル、スタンフォード、ジョージタウン、ニューヨーク大学などはブロックチェーン研究講座を増設して、関心の盛り上がりに対応しています。教育機会の増設は、より広い雇用市場への対応を示します。

スタンフォード大学の博士課程の学生でBenedikt Bunz氏は、「仮想通貨エキスパートは、そのスキルへの高い需要のために仕事を見つけるのが簡単な時期だ」と述べました。

コインベースも今年度、大学卒業生を募集しようと努力しています。同社人事部ヴァイスプレジデントのNat McGrath氏はコインデスクに以下のように述べています;

「世界中の学術コミュニティで、仮想通貨とブロックチェーン技術への関心が拡大するのはエキサイティングなことです。当社は各大学の少数の学生グループとパートナーシップを構築することに焦点を当てています。春にこれらの取り組みを拡大することを期待しています。」

コインベースの調査に含まれたアイビーリーグのほか、歴史的にアフリカ系アメリカ人の大学であるハワード大学と女性教養学校のスミス大学が、McGrath氏の採用計画に含まれています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B