仏Airbus社の技術アームがイーサリアムのパブリックブロックチェーンに寄付基盤をローンチ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仏Airbus社の技術アームがイーサリアムのパブリックブロックチェーンに寄付基盤をローンチ

仏Airbus社の技術アームがイーサリアムのパブリックブロックチェーンに寄付基盤をローンチ

グローバルな航空会社Airbus(エアバス)の革新部門であるA3(“A-cubed”)社は、慈善団体が暗号通貨で寄付を受け入れるイーサリアムベースのオープンソース「Heritage」をローンチしました。A3は、パブリック・ブロックチェーンを利用する数少ない大企業のプロジェクトの一つです。分散化された未来に備える必要性を重視している様です。

災害救助や緊急対応者の仕事を支援する慈善団体Airbus Foundation(エアバス財団)は先月、創立10周年を祝しました。財団は過去10年の支援実績として、以下のようなデータを示しています;

・864トン以上の本質的な援助と医療と人道支援の人員を輸送。
・66カ所のフライトコーディネート。
・20の緊急任務のうち、ヘリコプター(アワー)で418時間を費やした。
・緊急ヘリコプター救助任務のために700人以上の人々が訓練されている。

この功績を表明して、Airbus社の技術アームでシリコンバレーを拠点とするA3社は「エアバス財団に、暗号通貨の寄付を受け入れて管理する、イーサリアム・ブロックチェーンの分散型アプリケーションHeritage(ヘリテージ)を提供する。」と表明しました。また、「次世代を鼓舞する人々と製品を結集するエアバス財団のために」、A3は一連のブロックチェーンプロダクトをオープンソースにしています。

シリコンバレーに拠点を置くA3社は、これまでイーサリアムのエコシステムに関するかなりの知見をGithub上で公開しています。A3は、Heritageの機能について以下のように説明しています;

「Heritageスマート・コントラクトは、ERC-721基準(1*)に基づく資産の創出、寄付、発行を容易にします。コントラクト所有者が設定した管理者は、寄付を定義できます。寄付者には、ERC-721で寄付の領収書が届き、行動の証明またはバッジとして機能します。各寄付には、ERC-721のノン・ファンジビリティのために追跡可能なデータとして、課税控除、コーズ、イーサリアムアドレス、寄付金額、およびオプションの組織税情報が記録されています。」

A-CubedのHeritageは、エアバスの慈善団体以外にも利用可能です。動物福祉団体HartSong Ranch Animal Sanctuaryや美術館、デザイン芸術館のパイロットキャンペーンが、内部テストされています。

このプロジェクトは、DAIを銀行の一種として使用する最新のもの(2*)であり、「HeritageはDAIによって米ドルで寄付を行う事ができ、慈善団体を暗号通貨のボラティリティから保護される」と述べている。

彼らはまた、0x(ZRX)を活用しようとしているようです。「0xは、ドナーが望みの社会的インパクトを選べる、寄付のマーケットプレイスの構築を可能にする。」と述べています。(3*)

さらに、Plasma(プラズマ)または洗練されたバージョンPlasma Cashを使用する予定です。「ベース資産が分散型基本レイヤーで保護される一方で、第2層(セカンドレイヤー)のスケーリングソリューションが毎秒何千トランザクションを可能にする。」と説明しています。

グローバルな航空会社Airbusは、技術アームA3を効果的なイーサリアム開発組織にしています。このプロジェクトの長期目標は、「ブロックチェーン技術をビジネスアプリケーションに統合して、エアバス全体で利益を得ること」だと述べています。

彼らはパブリック・ブロックチェーンを利用する数少ない大企業のプロジェクトの一つです。その主な理由は、プロジェクトの透明性と資金の安全性であると思われます。

「ネットワークデータのオープンで公的な性質は、ドナーへのアカウンタビリティを高め、仲介者が慈善団体向けの資金を持ち逃げするような、カストディアン・オブ・ファンドの問題を軽減します。」

もう一つの理由は分散化の未来を見据えている事です。A3プロジェクトは次のように述べています。

「世界が産業社会からデジタル社会に移行していることを受け入れるならば、分散化されたパブリック・ブロックチェーンを含む未来に備える必要があります。イーサリアムは、スマートコントラクト開発の主要な分散型プラットフォームです。イーサリアムは分散化を犠牲にすることなくスケーリング戦略を追求しています。」

(1*)ERC721;イーサリアムのスマートコントラクト規格の一つで、代替不可能なトークン、Non-Fungible Token(NFT)を扱える。NFTの所有権や取引履歴を記録できる。代表的な使用例はクリプトキティであり、土地や家、オリジナルの芸術作品など、それ自体に個性があるものは、代替不可能(NFT)な方が望ましい。

(2*)DAI(MakerDAO);米ドル建てのステーブルコイン。DAIはHeritageに米ドルで寄付を行う能力を与え、暗号通貨のボラティリティから慈善団体を保護する。

(3*)district0x;オンラインマーケットプレイスとコミュニティをつくる分散型アプリケーション。0xはWordpressのテンプレートのように簡単にマーケットプレイスを開設できる。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B