仮想通貨の価格操作、ビットコインETFにも影響?規制局認可の新ペッグ通貨「GUSD」の重要性

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨の価格操作、ビットコインETFにも影響?規制局認可の新ペッグ通貨「GUSD」の重要性
 

仮想通貨の価格操作、ビットコインETFにも影響?規制局認可の新ペッグ通貨「GUSD」の重要性

GeminiがGUSDを発行開始
9月10日にウィンクルボス兄弟によって創業された仮想通貨取引所Gemniが、米ドルに裏付けられたペッグ通貨”Gemni Dollar(GUSD)”を発行することを発表した。
実際に使用される通貨となるか
仮想通貨はそのボラティリティから決済手段よりも、投資を目的とした使用が目立っており、既存安定通貨も信頼性の欠如などの問題を抱えていた。ウィンクルボス兄弟は「GUSDこそが世界で最初の認可された安定通貨となるのだ」と主張した。

GemniがGUSDを発行開始

9月10日に、仮想通貨取引プラットフォームGemniは、米ドルに裏付けられたペッグ通貨”Gemni Dollar(GUSD)”を発行することを発表しました。

仮想通貨取引所Gemniは、2014年にウィンクルボス兄弟によって創業され、その後、ビットコインETFの申請やVirtual Commodity Association(VCA)と呼ばれる自主規制団体の設立など、仮想通貨業界において様々な取り組みを行なってきました。

GUSDは、ニューヨーク基盤の信託会社Gemniによって発行され、米ドルと1:1の割合で裏付けられます。

そのGUSDによって裏付けられている米ドルは、連邦預金保険公社(FDIC)の”パススルー”預金保険に該当するアメリカの銀行State Street Bankによって管理されるとともに、その残高は、独立した認可済みの会計事務所BPM Accounting and Consultingによって毎月適切に1:1の割合で発行されているかが監査され、GUSDトークンにおけるスマートコントラクトも独立したセキュリティ企業によって同様に監査、そして、必要に応じて適切な修正が行われることが明らかになっています。

今回の発表に伴って、キャメロン・ウィンクルボス氏は、以下のように言及しました。

実際に使用される通貨となるか

しかし、CNBCでは、このGUSDが台頭することによって、人々は米ドルをGUSDに交換し、同様に、GUSDが米ドルに交換されることで、世界中の資産を循環させる触媒となることを示唆しました。

このようにボラティリティは仮想通貨の決済手段としての使用に当たって、大きな障害となっているのに加え、ウィンクルボス兄弟は、既存の安定通貨(Stable Coin)は透明性や監視の面でも十分でないため、多くの問題を抱えているとし、以下のようにコメントしました。

業界への影響とテザーとの違い

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B